Summary

  • ブンデスリーガ第17節、ブレーメンとドルトムントが対戦
  • ドルトムントは対ブレーメン直近10試合で9勝
  • ブレーメンは現在5試合負けなし

現在15位のブレーメンは残留争いからの完全脱出まであと一歩。6位のドルトムントをホームに迎えて2017年最初のゲームに臨む。

対戦トリビア

・ドルトムントは2004年以降の新年初戦は8勝4分けと、例年好スタートを切っている

・ドルトムントは対ブレーメン直近10試合で9勝を挙げている

・今季のドルトムントは第16節までに19失点を喫している。無失点試合は3度しかなく守備力が課題

・ドルトムントはウィンターブレーク前の公式戦7試合でいずれもビハインドを背負う展開に追い込まれているが、そのうち敗れたのは一度だけ。簡単には転ばない粘り強さを発揮している

・ブレーメンは現在5試合負けなし。現時点でこれを上回るのは今季無敗のホッフェンハイムだけ

・ブレーメンのセルジュ・ニャブリはここまで7試合でゴールを決めているが、その7試合はいずれも敗れている

・16ゴールで得点ランキングのトップを走るドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンは、ブレーメンの本拠地ウェーザー・シュターディオンではまだゴールを決めたことがない

歴史的なデータ

・ドルトムントのマーコ・ロイスとマリオ・ゲッツェはブレーメンとの相性抜群。ロイスはブレーメンとのリーグ戦12試合で8ゴール7アシスト、ゲッツェもブレーメン戦の直近5試合で5ゴール4アシストを決めている

・ブレーメンは対ドルトムント戦のホームゲーム直近10試合のうち、勝利したのは1試合のみ(2014年12月に2-1で勝利)

・ブレーメンはドルトムントからブンデスリーガ通算40勝を挙げているが、これは対ボーフム戦の41勝に次ぐ勝利数。もっとも、通算40敗を喫しており、こちらも対バイエルン・ミュンヘン戦の50敗に次ぐ多さ

・両チームはブンデスリーガが創設した1963/64シーズンの開幕節で顔を合わせており、ドルトムントに先制点をもたらしたティモ・コニエツカは記念すべきブンデスリーガ初得点者として歴史に名を刻んだ

・ブレーメンがホームで最も勝っている相手はドルトムントで、通算31勝を挙げている

・ドルトムントはブレーメンで行われた直近5試合で4勝。この4試合で計15ゴールを奪っている

・マックス・クルーゼ(ブレーメン)とアンドレ・シュアレ(ドルトムント)は昨季ウォルフスブルクでプレー。両選手のコンビネーションから5ゴールが生まれている

・ブレーメンのホーム最大得点差勝利:6-0(1984年12月7日)

・ドルトムントのアウェー最高成績:5-0(2013年1月19日)

・歴代最多観客数:4万4000人(1966年5月14日)

予想ラインナップ

ブレーメン(4ー4ー2)
ドロブニ;バウアー、サネ、モイサンデル、S・ガルシア;バーテルス、デラネイ、フリッツ、ニャブリ;ピサーロ、クルーゼ

ドルトムント(4ー1ー4ー1)
バイデンフェラー;ピシュチェク、ソクラティス、ギンター、シュメルツァー;ワイグル;デンベレ、カストロ、ゲッツェ、ロイス;シュアレ