Summary

  • 第16節の話題をさらった5つのトピックスを紹介
  • バイエルンとライプツィヒの首位攻防戦はバイエルンに軍配
  • ドルトムント、フランクフルトがホームで強さを発揮

バイエルン・ミュンヘンライプツィヒによる注目の天王山は、バイエルンが3-0で完勝。長年リーグの頂点に君臨してきた貫録を見せつけ、6年連続で首位での年越しを決めた。アイントラハト・フランクフルトマインツとの“ライン・マイン・ダービー”を3-0で制して4位に浮上。無敗記録を更新し続けるドルトムントとともにホームで抜群の強さを発揮している。年内最終戦で話題となった5つのトピックスを紹介していく。

1)深く残る傷跡

12月19日夜に首都ベルリンを襲った悲劇に対し、第16節の試合が行われた各スタジアムではキックオフ前に黙とうが捧げられ、選手は腕に喪章をつけてプレーした。ドイツサッカーリーグのラインハート・ラウバル会長は、「サッカー界の思いは、残された人々、そして数多くの負傷者とともにあります。ケガをされた方々の1日も早い回復を祈っています。月曜の夜、クリスマスマーケットで起きたことに、我々はみな深いショックを受けています」と述べた。

2)“ブンデスリーガの厳しさ”を教える

大注目の首位攻防戦はバイエルンがライプツィヒを3-0で一蹴。王者自ら新興クラブに“ブンデスリーガの厳しさ”を叩き込んだ。バイエルンは7万5000人の満員御礼となったスタジアムで17分にティアゴ・アルカンタラ、25分にシャビ・アロンソが決めて2点を先行。相手が退場者を出して数的有利となった45分にはロベルト・レバンドフスキがPKを沈め、前半だけで決着をつけた。ブンデスリーガ通算133ゴール目を決めたレバンドフスキは、外国籍選手のリーグ通算得点数でジオバニ・エウベルに並ぶ歴代2位タイに浮上。190得点でトップを走るクラウディオ・ピサロ(ブレーメン)の背中を視界に捉えつつある。

3)レーヴ監督、ドイツNo.1ストライカーをお忘れなく!

ホッフェンハイムのサンドロ・ワーグナーが古巣ブレーメンとの一戦でホームゲーム4戦連発となる先制点を挙げ、今季のゴール数を「9」とした。これで2016年のリーグ通算得点数は「19」となり、ワーグナーは今年のブンデスリーガで最も多くのゴールを挙げたドイツ人選手となった。ヨアヒム・レーブ監督率いるドイツ代表入りへ猛アピールとなったはずだ。

4)どうやっても勝てない“2大難所”

ドルトムントがホームでのアウクスブルク戦を1-1で引き分け、ホーム連続無敗記録を更新して2016年を締めくくった。ドルトムントは2015年4月にバイエルンに敗れて以来、ホームゲームで29試合負け知らず。2016年のホーム戦績は17試合で12勝5分けだった。また、ドルトムントに負けず劣らずホームで強さを発揮しているのがフランクフルト。今世紀に入って最高のホーム戦績も手伝い、4位の好成績で年越しを決めている。なお、ホーム10戦無敗は24年前ぶりのこと。ホームゲーム16試合で失点12もクラブ新記録である。

5)年末まで続いた指揮官の交代劇

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)が下位に沈むウォルフスブルクにホームで競り負け、13位から14位に後退。試合翌日の21日にアンドレ・シューベルト監督が解任され、翌22日に今季第7節までウォルフスブルクを率いていたディーター・ヘッキングの監督就任が発表された。スポーツディレクターのマックス・エバール氏は「これまでの試合内容を分析し、かなりの議論を重ねた結果、アンドレと我々の共同作業を終わらせる時期が来たという決断に至った」と解任理由を説明。「我々は新しい監督の下で、新しい刺激を与えたいと思っていた。彼はそのためにふさわしい人物であり、これまで異なったレベルの様々なクラブを成功に導いている経験豊富な監督だ」とヘッキングに期待を寄せた。