Summary

  • ブンデスリーガ第15節、ライプツィヒとヘルタが対戦
  • 両チームはブンデスリーガ初顔合わせ
  • ライプツィヒはホームで5勝1分けと負け知らず

前節初黒星を喫してバイエルン・ミュンヘンに首位の座を明け渡したライプツィヒ。快進撃がストップした中で迎えるのはヘルタ・ベルリンとの上位対決だ。ブンデスリーガ初参戦の新鋭クラブはこのまま上位争いに踏みとどまれるのか。地力を試される一戦となりそうだ。

対戦トリビア

・ライプツィヒは今季のホームゲームで5勝1分けと負け知らず。現在はホーム4連勝中で、相手にリードを許したことすらない

・ヘルタはライプツィヒをホームタウンとするクラブとブンデスリーガ初対決

・ヘルタは昇格チームとのアウェー戦で現在2連勝中。いずれもクリーンシートで勝ち点3を手にしている

歴史的なデータ

・ライプツィヒ対ヘルタはブンデスリーガ史上901通り目の対戦カード

・ライプツィヒは4部に所属していた2010/11シーズンからの3シーズン、ヘルタのセカンドチームと6度対戦しているが、戦績は5勝1分けと一度も負けていない

・ライプツィヒのマービン・コンペアはホッフェンハイム時代の2012年5月にヘルタ戦で得点を記録。その得点を最後にブンデスリーガではノーゴールが続いている

・ヘルタのベダド・イビシェビッチは今季のブンデスリーガ全18クラブのうち、17クラブからゴールを奪っており、初対戦となるライプツィヒ戦でもゴールを決めれば全チーム制覇となる

予想ラインナップ

ライプツィヒ(4-4-2)
グラシ;ベルナルド、イルサンカー、オーバン、ハルステンベアク;ザビッツァー、ケイタ、ダメ、フォースベルク;パウルゼン、ウェアナー

ヘルタ・ベルリン(4-2-3-1)
ヤルステイン;ペカリク、ルステンベルガー、シュターク、プラッテンハート;シェルブレッド、アラン;ワイザー、カルー、シュトッカー;イビシェビッチ