Summary

  • ブンデスリーガ第14節、バイエルンとウォルフスブルクが対戦
  • バイエルンはホームのウォルフスブルク戦で負けたことがない(18勝1分け)
  • 昨季の同カードではレバンドフスキが途中出場で5ゴールを挙げた

バイエルン・ミュンヘンは前節、マインツを下して暫定的に首位に返り咲いたものの、ライプツィヒも勝利したため“一日天下”に終わった。指定席を取り返すために勝ち続けるしかない状況で迎えるのは、昨季の対戦で5ー1と圧勝したウォルフスブルク。降格圏スレスレの15位に沈む相手にまたしても情け容赦なく襲い掛かるのか。

対戦トリビア

・バイエルンはここまで勝ち点30を稼いでいるが、第13節終了時点で30ポイントを挙げているチームが首位でないのはリーグ史上初めてのこと

・ウォルフスブルクは第13節を終えてわずか2勝。クラブワーストの不振に陥っている

・ウォルフスブルクはこれまで計25人の選手を起用しているが、あの手この手を尽くしてもなかなか結果が伴わない

・バイエルンはウォルフスブルクとのホームゲーム19試合で18勝1分け。最大57ポイントの勝ち点のうち55ポイントを獲得している

・バイエルンのトーマス・ミュラーは今季いまだにノーゴール。前節のマインツ戦では好パフォーマンスを見せたが、かれこれ7カ月もリーグ戦でのゴールがない

・ウォルフスブルクのマリオ・ゴメスは古巣対戦。バイエルン時代は103分に1得点と、ゲルト・ミュラー(105分で1得点)をしのぐ決定力を誇っていた

歴史的なデータ

・バイエルンはホームでのウォルフスブルク戦で14連勝中。特定のチームからの連勝記録としては最長になる

・ウォルフスブルクはバイエルンが20試合以上対戦しているチームの中で最も好成績を残している相手

・ウォルフスブルクはバイエルン戦通算試合数の半分にあたる19試合で無得点。これはクラブのワースト記録

・バイエルンはウォルフスブルクとのホームゲーム全19試合でゴールを挙げている

・ウォルフスブルクがミュンヘンで手にした勝ち点は19試合でわずか「1」

・バイエルンのロベルト・レバンドフスキは対ウォルフスブルク戦11試合で10ゴール5アシストの好成績を記録。昨季は途中出場ながら「9分間で5ゴール」を挙げ、ギネス記録にも認定された

・バイエルンのホーム最大得点差勝利:5-0(1999年10月30日)

・ウォルフスブルクのアウェー最高成績:未勝利

・歴代最多観客数:7万5000人(2015年9月22日)

予想ラインナップ

バイエルン(4ー2ー3ー1)
ノイアー;ラーム、ボアテング、ハビ・マルティネス、アラバ;ティアゴ、ビダル;ロッベン、ミュラー、リベリ;レバンドフスキ

ウォルフスブルク(3ー5ー1ー1)
ベナーリオ;クノッヘ、ブルマ、ロドリゲス;カリジュリ、トレッシュ、ギラボギ、ゲアハート、シェーファー;ボルハ・マジョラル;ゴメス