Summary

・チームバス爆破事件でドルトムントDFバルトラが右腕負傷

・事件の翌12日、インスタグラムを更新

4月11日、香川真司が所属するドルトムントのチームバスが、欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、モナコ(フランス)戦を前に、爆弾による襲撃を受けた。

この事件で右腕を負傷し、同日に緊急手術を受けたマルク・バルトラが翌12日、自身のインスタグラムを更新。「見た目よりも、状態は良いです。みなさんのサポート、応援メッセージに感謝しています」とコメントしている。

なお、13日にはドルトムントのマスコット、エンマが病院を訪問。12日に行われた再試合のウォーミングアップ時に、ドルトムントの選手らが着用していたバルトラ応援Tシャツを、本人に届けた。