Summary

  • 浅野所属シュトゥットガルトが第2GK補強
  • 4部コトブスから26歳のマイヤーを獲得

浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは8月30日、コトブスからGKアレクサンダー・マイヤーを2019年6月30日までの契約で獲得したと発表した。

現在26歳のマイヤーは2017/18シーズンのレギオナルリーガ(4部)で全5試合に出場しており、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦では、今回の移籍先シュトゥットガルトとも対戦した。

スポーツディレクターの ミヒャエル・レシュケ氏は、「アレクサンダー・マイヤーは、(スペインのレバンテに移籍した)ミッチェル・ランゲラクの後釜として最適な人物です。我々のGKコーチであるマーコ・ラングナーはすでに長期にわたってマイヤーをチェックしていましたし、DFB杯のコトブス戦で彼の実力が確かなものであると分かりました」と話している。

またマイヤーもシュトゥットガルト公式HPで「この移籍で、『ブンデスリーガでプレーする』という子どもの頃からの夢が叶いました。自分の夢を信じていましたし、そのためにトレーニングしてきました。新たな挑戦を心待ちにしています」と、喜びのコメントを残した。