Summary

  • 浅野のシュトゥットガルト、エースFWが契約延長
  • 今季25ゴールのテロッデ、2019年6月まで

2016/17シーズンのブンデスリーガ2部で優勝を果たし、1年でブンデスリーガ復帰を決めた浅野拓磨のシュトゥットガルトが、エースFWジモン・テロッデとの契約を延長したと発表した。

今季の同2部で25ゴールを決め得点王を獲得したテロッデには移籍の噂もささやかれていたが、同選手はシュトゥットガルトと新たに2019年6月30日までの契約を締結。「シュトゥットガルトでの1年目はこれ以上ない結果を残すことができました。私たちはチームとして素晴らしい成長を遂げましたし、ファンの強力なサポートがあったおかげで昇格も達成できました。来シーズン、ブンデスリーガでシュトゥットガルトが確かな足跡を残せるよう、チームの一員として頑張りたいです」と語っている。

またハネス・ウォルフ監督も「彼はシーズンを通して選手全員の模範的存在でしたし、もちろん彼が決めたゴールの数々も、このチームにとって非常に重要なものでした」と話し、今季チームを牽引したストライカーの残留を喜んだ。