Summary

  • 武藤のマインツがFC東京と練習試合
  • 武藤は先発から63分までプレーし無得点
  • チームは5ゴールを奪い5ー2の快勝

武藤嘉紀が所属するマインツは7月19日、武藤の古巣であるFC東京と合宿地グラッサウで練習試合を行い、5ー2で勝利した。武藤は先発から63分までプレーしたが、ゴールを決めることはできなかった。

前半をスコアレスで終え後半に入ると、51分にサンペリオのパスを受けたホルトマンが鮮やかなシュートを決め、マインツが先制。その2分後、永井にゴールを決められ同点とされるも、ラッツァ、ブロジンスキ、コドロが追加点を奪い、4ー1と突き放した。その後、83分にはウタカにPKを決められたが、終了間際の88分にコドロがこの日2点目を突き刺し、5ー2の大勝を飾っている。

【得点】

マインツ:ホルトマン(51分)、ラッツァ(60分)、ブロジンスキ(68分)、コドロ(72分、88分)
FC東京:永井(53分)、ウタカ(83分)

【マインツのラインナップ】

ツェントナー;ドナティ(46分 オストゥナリ)、バログン(63分 フライ)、シャイトハウアー(63分 ディアロ)、ホルトマン(63分 ブロジンスキ);ラッツァ(63分 ロドリゲス)、クレメント(63分 マクシム);オニシウォ、サンペリオ(63分 フィッシャー)、ザイデル(63分 ゼルダル);武藤(63分 コドロ)