Summary

  • ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムが始動
  • オフ中に指揮官やSDとの契約を延長
  • DFBからフリック氏の引き抜きにも成功

2016/17シーズンを4位で終えるなど、昨季多くの注目を集めたホッフェンハイムが7月5日、プレシーズンの始動を迎えた。

※「2016/17シーズン、ホッフェンハイムのトップ10ゴール」はこちら

約200人のサポーターが詰めかけたこの日、FIFAコンフェデレーションズカップ2017に出場したサンドロ・ワーグナー、ケレム・デミルバイ、U21欧州選手権で優勝したナディーム・アミリとジェレミー・トーリヤン、負傷中のオリバー・バウマンとアンドレイ・クラマリッチらの姿はなかったものの、ジャスティン・ホーグマ、フローリアン・グリリチュ、ロベルト・ジュリなど新加入の面々は軽快な動きを見せている。元メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)で、昨季はウェストハム(イングランド)に在籍していたハバール・ノートファイトは翌6日に合流する予定だ。

欧州カップ戦初挑戦

午前10時5分、2017/18シーズン開幕に向けてプレシーズンの練習をスタートした彼らだが、8月19~20日に行われるブンデスリーガ第1節はもちろん、欧州チャンピオンズリーグ(CL)本戦出場権獲得も、視野に入れないわけにはいかない。スイスのニヨンでCLプレーオフの組み合わせ抽選会が行われるのは8月4日。そして同15日もしくは16日にプレーオフ第1戦が行われ、リーグ開幕節を戦った数日後に、同第2戦が行われる。

80分にわたるトレーニング初日を終えたユリアン・ナーゲルスマン監督は、「再び4位以上になることは可能か?」という記者からの質問に対し、燦々と輝く太陽の光を浴びながら、自信ありげにこう答えた。

「良いシーズンになること、インターナショナルな舞台で結果を残すことが我々の目標だ。そのための戦力は整っている」

そしてスポーツディレクターを務めるアレクサンダー・ローゼン氏も「新シーズンは我々にとって新たな挑戦になるということは、分かっている。勇気と野心を持って臨みたい。すべての試合で勝ちたいね。そうすれば我々が優勝できるから」と、冗談を飛ばす余裕も見せた。

DFB中枢からの引き抜き

今オフ中のホッフェンハイムは、基盤を固めることに全精力を傾けた。ナーゲルスマン監督と2021年まで、ローゼンSDとは2020年まで、それぞれ契約を延長しており、さらに長らくドイツ代表ヨアヒム・レーフ監督の右腕を務め、2014年ワールドカップ・ブラジル大会終了後からドイツサッカー連盟(DFB)のSD職を務めていたハンスディーター・フリック氏の引き抜きにも成功。同氏をホッフェンハイムのスポーツ担当CEOに就任させた。

ホッフェンハイムに多額の資金援助を行う事実上の経営トップ、ディートマー・ホップ氏は「フリックの獲得により、クラブが発展していく上で最も重要な足場ができあがった。我々の未来は非常に明るい」と、大きな期待を寄せている。

今夏からホッフェンハイムは6m×3mのモニターを練習場に設置した。現在はまだテスト中とのことだが、問題が生じなければ、ミスの修正や戦術確認のため、トレーニングで活用していくという。人事、ソフト、ハードなど多方面で発展を続けるホッフェンハイム。彼らの行く末を案じる必要は、どうやらまったくなさそうだ。