東日本大震災の発生から6年が経過した。

ブンデスリーガ所属の選手たちは各々のSNSで復興への思いやメッセージを綴った。

マインツの武藤嘉紀の試合後コメントより

日本人としてあのような経験をしたからこそ、サッカーを通じて勇気を与えられたらそれが一番ですね。サッカー選手である以上、サッカーで人々を笑顔にできればいいなと思います。