Summary

  • 5月25日に開催される昇降格プレーオフ第1戦
  • ウォルフスブルクが2部3位のブラウンシュバイクと対戦
  • リーグ戦通算対戦成績はウォルフスブルクの2勝1分け1敗

ブンデスリーガ最終節で16位に転落したウォルフスブルクが、クラブ史上初の降格を回避すべく、5月25日のプレーオフ第1戦に臨む。相手は同じニーダーザクセン州に本拠地を置く2部3位のブラウンシュバイク。“ダービー”という特別な舞台設定の中、熱い戦いが始まる。

対戦トリビア

  • ウォルフスブルクとブラウンシュバイクが同一リーグに所属したのは、2部時代の1992/93シーズンとブラウンシュバイクが1部に昇格した2013/14シーズンのみ
  • 両チームがブンデスリーガに在籍していた2013/14シーズンは、ブラウンシュバイクが最下位で2部に降格。ウォルフスブルクは5位に食い込んで欧州リーグ(EL)出場権を獲得した
  • ブンデスリーガでの対戦成績はブラウンシュバイクの1勝1分け
  • 2部時代の対戦成績はウォルフスブルクの2戦2勝
  • 過去7シーズンのプレーオフのうち6シーズンはブンデスリーガ勢が勝利。現在は4シーズン連続でブンデスリーガ勢が残留を果たしている
  • 上記の7年間のうち2011/12シーズンのデュッセルドルフが唯一下剋上に成功。ヘルタ・ベルリンをトータルスコア4ー3(A:2ー1、H:2ー2)で下した
  • 過去7シーズンにおけるプレーオフの通算対戦成績はブンデスリーガ勢の7勝6分け1敗
  • 同じ州のチーム同士がプレーオフで対戦するのは今回で5回目(ノルトラインベストファーレン州が3回、バイエルン州が1回)。ただし、ホームタウンの距離が35kmしか離れていないケースは今回が初めて
  • ニーダーザクセン州のチームがプレーオフに参加するのは史上初
  • ブラウンシュバイクは勝ち点3制が導入された1995/96シーズン以降、2部3位の最高成績となる勝ち点「66」を獲得。これは過去5シーズンなら自動昇格を果たしていた数字
  • ウォルフスブルクの勝ち点は「37」。勝ち点「37」以上を稼いだチームがプレーオフに回るのは勝ち点3制の導入以降では初めて
  • 今季のウォルフスブルクはラスト15分間でリーグワースト3位の「16」失点を喫している
  • 今季のブラウンシュバイクはラスト15分間でリーグ3位の「13」得点を挙げている

予想ラインナップ

ウォルフスブルク(4ー2ー3ー1)
カステールス;ビエイリーニャ、クノッヘ、ルイス・グスタボ、ゲアハート;ギラボギ、アーノルド;ディダビ、マリ、ヌテプ;ゴメス

ブラウンシュバイク(4ー4ー2)
フェイジッチ;ザウアー、デカリ、バルスビク、ライヘル;ホッホシャイト、モル、ボーラント、ヘルナンデス;クンベラ、ニマン