Summary

・大迫が所属するケルンにまたしても負傷者

・第13節ホッフェンハイム戦の24分にリッセがけがのため交代

・診断の結果、右ひざ前十字じん帯を断裂していることが判明

12月3日のブンデスリーガ第13節2日目、大迫勇也のケルンは敵地でホッフェンハイムと対戦し、0ー4で敗れた。

しかし、この試合でケルンにとって最も痛い出来事だったのは、昨年10月以来となる4失点を喫したことではなかった。今シーズン全13試合に先発し、2ゴール4アシストと絶好調だった右サイドのスペシャリスト、マーセル・リッセが24分にけがのため途中交代。すぐさまケルンへ戻り診断を受けた結果、右ひざの前十字じん帯を断裂していることが分かり、同選手の長期離脱が決定した。

ケルンでは先月10日にも守護神ティモ・ホーンがひざの手術を受けるなど、攻守のキーマンが負傷離脱する悲劇に見舞われている。