Summary

  • ケルンの大迫が2週間程度の離脱へ
  • 3月23日の日本代表戦で左膝を負傷
  • 大迫は第25節までリーグ戦全試合に出場していた

ケルンは3月28日、日本代表戦で負傷した大迫勇也のケガに状態について発表。精密検査の結果、左膝関節胞の負傷であることが判明した。これにより大迫は少なくとも今後のリーグ戦3試合を欠場する見込みだという。

大迫は23日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦に先発出場したが、試合終盤に左膝を痛めて途中交代。28日に行われるタイ戦を前に代表チームを離脱していた。