Summary

  • 最終節までもつれ込んだブンデスリーガ昇格争い
  • シュトゥットガルト、ハノーファー、ブラウンシュバイクによる争奪戦
  • 上位3クラブの対戦カードを紹介

2016/17シーズンのブンデスリーガ2部も、残すところ最終節のみとなった。山田大記が所属するカールスルーエの降格はすでに決まってしまったが、首位と2位に与えられるブンデスリーガ昇格、そして3位に与えられる入れ替え戦出場は依然として確定しておらず、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルト、ハノーファー、ブラウンシュバイクの3クラブによる争奪戦となっている。昇格を勝ち取るクラブ、入れ替え戦にまわるクラブは、果たしてどこになるのか――2部最終節、注目必至の3カードを下記に紹介する。

【シュトゥットガルト対ヴュルツブルク】

勝ち点66、得失点差+23で首位のシュトゥットガルトは、今季3部から昇格してきた17位ヴュルツブルガー・キッカースと対戦。本拠地で戦えるメリットはもちろんのこと、最近の両チームの成績や地力を考えても、シュトゥットガルトが有利であることに変わりはない。3位ブラウンシュバイクと3ポイント差をつけていることからも、シュトゥットガルトの2位以内(昇格)は、ほぼ確実だろう。

対戦トリビア

・ヴュルツブルクは16試合連続で勝ち星がない。最後の勝利は昨年12月18日、相手はシュトゥットガルトだった。
・この試合でヴュルツブルクは3ー0という完勝。今季における最大得点差での勝利だった。
・ヴュルツブルクのレギュラーDFダビド・ピソーはシュトゥットガルトの下部組織出身。トップチームでブンデスリーガに1試合出場している。

【ザントハウゼン対ハノーファー】

第25節で4位に転落し、ダニエル・シュテンデル前監督を解任したハノーファー。その後引き継いだアンドレ・ブライテンライター監督は見事チームを立て直し、同監督就任後は8試合で勝ち点20を獲得した。前節も昇格争いのライバル、シュトゥットガルトを1ー0で倒すなど、彼らの勢いはもう誰も止められない。

対戦トリビア

・前半戦の対戦は、0ー0のスコアレスドロー。
・ハノーファーのフロリアン・ヒュープナーは昨夏ザントハウゼンから加入。
・ハノーファーのニクラス・ヒュルクルークはハノーファー所属前も含め、ザントハウゼン戦に3度先発し、いずれもゴールを決めている。ただし途中出場した2試合はノーゴールだった。

【ブラウンシュバイク対カールスルーエ】

昇格を目前にしながらも、前節は自動降格圏に沈んでいたビーレフェルトに0ー6という大敗を喫したブラウンシュバイクは、その結果3位に転落してしまった。今節はすでに3部へ落ちることが決まったカールスルーエ。自動昇格の切符を手にするには、大量得点差での勝利しかない。

対戦トリビア

・両チームとも、1963/64シーズンのリーグ創設初年度はブンデスリーガの舞台で戦っていた。
・ブラウンシュバイクはカールスルーエ戦直近6試合で1勝。
・2部でのブラウンシュバイクが、最多得点差をつけられて負けた相手はカールスルーエ(2006年5月、0ー7で黒星)