Summary

  • 第30節のウォルフスブルク戦はベンチスタート
  • シーズン前半戦と比べてフル出場の機会が減少
  • 終盤戦を前に原口に求められるものとは?

ヘルタ・ベルリンの原口元気が4月23日に行われたブンデスリーガ第30節のウォルフスブルク戦で先発メンバーから外れた。ようやく出番が回ってきたのは1ー0とリードした後半のアディショナルタイム、3人目の交代選手として数分間ピッチに立つにとどまった。

前半戦の勢いに陰り。前節は数分の出場にとどまる

4月はリーグ戦でのフル出場がない。第28節のアウクスブルク戦では今季2度目の出場機会なしに終わった。先発に復帰した第29節のマインツ戦も60分で早々にピッチを去った。当たり前のようにフル出場していたシーズン前半に比べると、その勢いには明らかに陰りが見られる。

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWのベダド・イビシェビッチを1トップに置く4ー2ー3ー1システムにおいて、ここ最近の原口は2列目の右サイドが主戦場となっている。しかし、ウォルフスブルク戦ではライバルのアレクサンダー・エスワインにそのポジションを譲った。

今季のヘルタのチーム総得点はリーグで11番目の「38」。一方で失点は「35」とリーグで5番目に少ない。堅守速攻のスタイルをベースとするチームにおいて、攻撃の狙いは今季12ゴールのイビシェビッチの得点能力をフルに引き出すことだ。そのための重要な手立てが両サイドからのクロスとなる。

キャプテンも務める主砲イビシェビッチは188センチの長身で、ゴール前の制空権争いに優れる。実際、ウォルフスブルク戦の決勝点は、エスワインの右サイドからのクロスをイビシェビッチが頭で決めたものだった。エスワインはヘルタの2列目のプレーヤーの中で最も多くのクロスを供給している。パル・ダルダイ監督がこの試合で原口ではなく彼を起用した大きな理由だろう。

ライバルたちにはない原口の強み

エスワインと原口とでは枠内シュート数にも違いがある。第29節終了時点で原口は24本のシュートを放っているが、枠内シュートはそのうちのわずか2本にとどまる。一方、中長距離のシュートが得意なエスワインは、21本のうち9本を枠に収めている。

その他の2列目のプレーヤーの枠内シュート数を見ても、サロモン・カルーが30本中15本、ブラジミール・ダリダが23本中8本、バレンティン・シュトッカーが24本中10本と軒並み原口よりも多い。原口のプレータイムがライバルたちの誰よりも長いことを考えれば、総シュート数24本も多いとは言えない。

一方で、原口は1対1の勝負に数多く挑み、その勝率はチームトップクラスだ。被ファウル数も多く、守備面で絶大な貢献度を示している。それこそが原口の強みであり、多くの出場機会を得てきた要因でもあるのだが、ここまで1ゴール2アシストでは物足りない。枠内シュートにしてもクロスにしても、彼ならばもっとできるはずだ。

ブンデスリーガは残り4試合となり、ヘルタは勝点46の5位につける。このままシーズンを終えれば、来季の欧州リーグ(EL)に本戦から出場できる。ダルダイ監督は「残り4試合で少なくとも2勝したい」と話しているが、状況は予断を許さない。6位のフライブルクとの勝ち点差は「2」、7位のブレーメンも勝ち点「4」差に迫っている。

29日に行われる第31節はブレーメンとの直接対決だ。ヘルタにとっては絶対に負けられない一戦となる。今季のチームの行方を左右する重要なゲームでどこまで存在感を示せるか。これまでの強み、“プラスアルファ”の働きを原口には期待したい。

文=戸塚 啓