Summary

  • 原口所属のヘルタ、ライプツィヒからゼルケ獲得
  • レッキーに続き、今夏2人目の補強

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは6月1日、今シーズンのブンデスリーガで準優勝を果たしたライプツィヒからデービー・ゼルケを獲得したことを発表した。インゴルシュタットのマシュー・レッキーに続いて、今夏2人目の補強となる。

契約締結に際しゼルケは、「私にとってヘルタは、ブンデスリーガのビッグクラブの1つです。移籍がうまくいったことを本当にうれしく思っています。チームがブンデスリーガ上位としての地位を築き、快進撃を続けられるよう貢献していきたいです」とヘルタ公式HPを通じてコメントを残し、またスポーツディレクターのミヒャエル・プレーツ氏も「才能に恵まれたドイツ人の若手を獲得できて、本当にうれしいです。来季はブンデスリーガ、そして欧州リーグ(EL)を戦いますが、彼が加わったことで我々のオフェンスは強化されます。ゼルケはブレーメンとライプツィヒで素晴らしいクオリティーを証明してきましたし、我々はまだゼルケには十分な成長の余地があると見ています」と、同選手の獲得を喜んだ。

ゼルケは2015年夏、プロデビューを果たしたブレーメンから、当時ブンデスリーガ2部に所属していたライプツィヒに移籍。加入1年目はエースとして同クラブの昇格に貢献したが、今季はティモ・ウェアナーにポジションを奪われ、先発出場2試合にとどまるなどプレー時間が極端に減少していた。