Summary

  • 内田篤人のシャルケ退団セレモニー
  • 7シーズン過ごしたシャルケから今夏ウニオン・ベルリンへ移籍
  • サポーターやクラブにお別れのあいさつ

シャルケは9月10日、ブンデスリーガ第3節シュトゥットガルト戦のキックオフ前に、ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンへ移籍した内田篤人の退団セレモニーを行った。

シャルケサポーターは数週間ぶりにフェルティンズ・アレーナに戻ってきた内田を温かく迎えた。7年間の思い出の映像がスクリーンに流れた後、内田はドイツ語でお別れのあいさつ。「このビッグクラブの一員になれたことを光栄に思います。ファンやクラブの首脳陣、チームメイトたちはいつも僕をサポートし、支えてくれました。長いこと、けがによって難しい時間を過ごしていた時もです。シャルケは僕の人生の大切な一部としてずっと残るでしょう」と話した。

2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに加入した内田は、ブンデスリーガ104試合に出場。2011年にはドイツサッカー連盟カップの優勝、欧州チャンピオンズリーグのベスト4進出に貢献した。