Summary

  • シャルケの内田篤人が移籍
  • 新天地はブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリン
  • 「またサッカーできることがとても楽しみ」

シャルケは8月21日、DF内田篤人(29)がブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンに移籍することを発表した。契約は2018年6月末まで。新しい背番号は2に決定している

内田は2010年7月、鹿島アントラーズからシャルケに加入。右サイドバックとして、ブンデスリーガ104試合、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)8試合、欧州チャンピオンズリーグ(CL)29試合、欧州リーグ(EL)9試合に出場。1年目の2010/11シーズンにはDFB杯で優勝を果たした。

シャルケ在籍7シーズン、ドイツ人ファンからも「ウッシー」の愛称で親しまれた内田だが、2015年6月に右ひざの手術を受けてからは、過去2シーズンでブンデスリーガの出場はなく、公式戦は昨年12月のEL(グループステージ、ザルツブルク戦)での約10分の出場にとどまっている。それでもこの夏のテストマッチでフル出場を果たすなど、本格的な復帰に向けて前進していた。

シャルケのクリスティアン・ハイデルSDは、「内田が我々の元を訪れ、移籍の希望の話が出ました。長期に及んだ離脱の後、彼にとっては実戦が重要だからです」と今回の移籍の経緯を説明。「我々にとっては苦渋の決断でした。しかし、彼が再び長い時間プレーをすることを妨げたくはなかった」と複雑な心境を明かした。

また、「シャルケはアツトに心から感謝しています。彼はクラブのために常に100%の力を出してくれた。ウニオン・ベルリンでの成功、そして彼のご多幸を祈ります。もちろん、シャルケファンとのお別れの場も用意するつもりです」とサポーターに愛された内田への思いを述べた。

内田のシャルケでの歩みを振り返る写真はこちらから

一方、ウニオン・ベルリンのヘルムート・シュルテ氏は「我々はずっと右サイドバックを探していたが、経験豊富な内田篤人を獲得することができました。彼が我々をさらに強くしてくれると確信しています」とコメントしている。

また、内田は「これほど早く移籍が実現し、うれしく思います。また、ここで自分に何が待ち受けているか、ワクワクします。昨シーズンのウニオンの躍進は見てきましたし、イェンス・ケラー監督のことはよく知っています。クラブの野心は明確です。ここでの任務に取り掛かること、そしてまたサッカーできることがとても楽しみです」と話している。

ケラー監督の下、昨季のウニオン・ベルリンは昇格争いに絡み、4位でシーズンを終了。今季は第3節を終えて2勝1分けと負けなしで、6位につけている。ケラー監督は2012年から2014年までシャルケの監督を務めていた。

ウニオン・ベルリンは次節8月27日(日)、ホームでビーレフェルトと対戦する。