Summary

  • 香川所属ドルトムント、今夏初の練習試合で敗戦
  • ボス新監督の試合後インタビュー

香川真司が所属するドルトムントは7月11日、RWエッセン(4部)と今夏初の練習試合を行い、2ー3で敗れた。試合後、ペーター・ボス新監督がインタビューに応じている。

※ドルトムント今夏初テストマッチの様子はこちら

――ドルトムント指揮官として初の試合で、初の敗戦です。失望感はどのくらい大きいのでしょうか?

ボス監督 もちろん失望しています。確かにRWエッセンはすでに2~3週間トレーニングをしており、我々はまだ4日しか練習していませんが、彼らは4部リーグのクラブです。ドルトムントは勝利しなければなりません。

――いったいどこに理由があるのでしょうか?ドルトムントの選手たちはかなり疲れていたのですか?

ボス監督 言い訳をしたくはありません。例え相手が良いプレーをしていたとしても、RWエッセンのようなチームであれば、勝たなければならないのです。特に前半はテンポが非常に遅く、アグレッシブさも欠けていました。後半は何度かチャンスを作りましたが、全体的に見て十分だとは言えないでしょう。

――前半のピエールエメリック・オバメヤンは、良いアクションを起こしているようにも見えましたが。

ボス監督 個人については話すべきではないでしょう。チーム全体として、プレーの質は良くなかったです。確かにここ3日間の我々の練習はかなりハードでした。しかしそれを考慮に入れても、この試合では少なくとも勝利するべきでした。

――まだ体がフィットしていないのでしょうか?また、まだあなたの哲学をチームが理解しきれていないと?

ボス監督 たった3~4日で監督の哲学を選手に浸透させることなど不可能です。それには、長い時間がかかるでしょう。しかし戦術の植え付けは、今後かなり厳しく行っていきます。

――あなたは少し前に、「批判から逃げない」というようなことをおっしゃっていました。どういう意味ですか?

ボス監督 私もチームの一部です。ですから、「選手の“ここ”と“ここ”が悪かった」というようなことは言いたくないのです。私だって、このチームに属する人間なのですから。

――今日の試合中、コーチングはほとんどしていませんでした。今後も同じようなスタイルで臨むのでしょうか?

ボス監督 最初はいつもこんな感じですよ。もし選手に何かを要求したいのであれば、選手がどの部分で良いプレーをし、どの部分で良くなかったかなど、まずは明確な絵を描く必要があります。ずっとタッチライン際に立っていると、試合の観察が難しくなりますが、ベンチに座っていればコーチたちとともに、より詳しく状況を見極めることができます。