Summary

  • ドルトムントのワイグルが4カ月ぶりのカムバック
  • リハビリ中は「誰にも会わず家にこもっていたい」と思ったことも
  • シャヒンはライバルではなく互いに刺激し合う仲間

昨季終盤に足首を骨折して戦列を離れていたドルトムントのユリアン・ワイグルが、9月17日に行われた第4節のケルン戦でカムバックを果たした。長く苦しいリハビリを乗り越えた22歳のドイツ代表が、復帰までの道のり、ペーター・ボス監督を迎えた新チームについて語る。

――4カ月の離脱を経て、ようやくピッチに戻ることができました。ピッチに戻った瞬間はどのような思いでしたか?

ワイグル 夢のようだったよ! あれ以上は想像できないくらいだ。僕が出るまでにチームメートが下準備(4ー0でリード)をしてくれていたしね。逆転されるような展開ではなかったから、すんなりとピッチに入ることができた。とてつもなく楽しかった。きついリハビリが報われたのだからね。

――これまでのキャリアの中で最も長く、そして最も重いケガを負ったわけですが、離脱期間をどのように過ごしていましたか?

ワイグル 僕にとっては初めての経験だったし、苦しい時期もあった。なかなか前に進めず、仲間が外で練習している間も、ひたすらトレーニングルームで過ごさなければならなかったからね。僕はポジティブ思考の人間だから、なるべくプラス面を見ようとしていたけど、誰にも会わずに家にこもっていたいと思う日もあった。それでもランニングを再開できたり、ボールに再び触れることができたり、一つひとつやってくる前進のプロセスを乗り越えようという気持ちでいた。

――離脱前は絶対的なレギュラーでしたが、今はヌリ・シャヒンという強力なライバルがいます。これについては?

ワイグル そのことについてはまだ全く考えていない。ベンチ入りして、再びピッチに立てたことにホッとしているところだからね。ここまでヌリは非常にいいパフォーマンスを見せている。この先も試合は多いし、僕ら2人がお互いに高め合うことが大事だと思う。僕らの関係は本当にいいし、対立するライバルという感じじゃない。何度もケガをして出場機会が少なかった彼が、苦しい時期を経て再び活躍していることがうれしいよ。これから監督がどういう方策をとるのか、どっちがリードするのかはじきに見えてくると思う。僕らは選手としてのタイプが違うから、監督が相手によって決めることもあるんじゃないかな。僕にとって何より大事なのはケガをせず、足の問題が再発しないようにやっていくことだけさ。

――まだケガのことが頭に残っていますか? それとも足の状態は万全という自信を持っていますか?

ワイグル 2週間前はまだどこか不安が残っていた。ケガのことが頭にあって、無意識に競り合いで腰が引けてしまっていたんだ。けれど、Uー23チームの試合に出たことが助けになった。ちょうど骨折した箇所を蹴られてドキッとしたんだけど、全く痛みがないことに気づいた。この時に、もう大丈夫なんだと思えて不安が消えたね。

――ボス新監督を迎えて変わったこともあると思います。プレシーズンを通してチームに帯同できなかった分、まだ慣れないこともあるのでは?

ワイグル リハビリ中もチームミーティングには参加させてもらえるようにしていた。ほぼすべてのミーティングに参加できたのは良かったね。チームのやっているサッカーもすでに理解している。もちろん、この2年間でやってきたことがとっさに出てしまうこともあるし、もう少し時間はかかるかもしれない。でも、かなり慣れてきていると思う。

――あなたのポジションである中盤で、ボス監督が具体的に変えたのはどのようなところですか?

ワイグル マイボールになった時に高い位置にポジションを取ること、それからラインの間にとどまること。大きく変わったのは特に相手ボールの時かな。強いプレッシャーをかけ、前からアタックしたいのであれば、守備的MF(6番)はポジションを上げなければいけない。これは僕にとって新しいやり方だね。でも、より前でプレーするのは楽しいよ。ボールを奪った後にアシストしたり、決定的なパスを通したりできるようになるかもしれない。

――ドルトムントは第4節を終え、勝ち点10で首位に立っています。まだ無失点ということもあってチームの雰囲気もいいのでは?

ワイグル 雰囲気がいいのは言うまでもないね。戦術面もどんどん良くなっている。ゲーゲンプレスがはまれば相手を圧倒できるし、後ろもしっかり守れるということが分かった。ロンドンでのトッテナム戦(欧州チャンピオンズリーグ)では3ゴールを奪われて負けたけど、消極的な試合をしたわけじゃない。大事なのは戦術や哲学に対する信頼であり、それはつかむことができた。ウチのようないつでもゴールを決められるチームにとって、ブンデスリーガで無失点が続いているのも素晴らしい。チームはとても落ち着いて戦えている。

――今季のドルトムントはどこまでいけそうですか?

ワイグル まだそれに答えるのは時期尚早かな。いいスタートが切れて良かったと思っているよ。ハンブルクにも勝つつもりで行く。つまり首位を守るということだね。