Summary

  • ブンデスリーガの2大エースによる熾烈な得点王争い
  • レバンドフスキは30得点、オバメヤンは29得点を記録
  • タイトル防衛か? それとも初タイトルか?

欧州カップ戦の出場権争いや残留争いが最終節までもつれる中、個人タイトルもまた決着を見ないままラストマッチを迎えることになった。リーグ得点王の座を巡って火花を散らすロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)とピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)。ブンデスリーガを代表する2大ストライカーの争いはどんな結末を迎えるのだろうか。

オバメヤンはドルトムントに加入した2013/14シーズン以来、「13」、「16」、「25」と着実にゴール数を伸ばしてきた。4年目の今季はここまで「29」ゴールを記録。これは一つの例外を除けば、1977/78シーズン以降のどのシーズンでも得点王になれる数字だ。直近12試合のうち10試合でゴールを挙げ、現在も2試合連続ゴール中。初の得点王獲得に向けて好調を維持している。

しかし、29ゴールでも得点王に届かない唯一の例外を作ったのがライバルのレバンドフスキだ。レバンドフスキは昨季、38年ぶりにゴール数を「30」の大台に乗せて自身2度目の得点王を獲得。今季もすでに30ゴールに到達している。特にシーズン後半戦は15試合で16ゴールと持ち前の爆発力を発揮し、再びオバメヤンの前に立ちはだかろうとしている。過去5シーズンは最終戦で必ずゴールを挙げており、フライブルク戦では自己ベスト更新に期待が掛かる。

ブンデスリーガのトップストライカーとして君臨する2人のゴール数は合わせて「59」。チーム総得点でこの「59」を超えているのは、1位のバイエルン・ミュンヘンから4位のホッフェンハイムまでの上位4チームのみだ。

第33節までに両選手がともに不発に終わったのはわずか3試合。タイトルが懸かった最終戦は必ずゴールを決めてくれるはずだ。最終節は両者ともにサポーターの後押しが約束されたホームゲームと申し分ない舞台が整った。5月20日の15時30分、得点王を巡る一騎打ちの最後のゴングが鳴る。