Summary

・第11節、ボルシアMGとケルンによる「ラインダービー」開催

・エーベルSD(ボルシアMG)とシュマトケGM(ケルン)の対談が実現

・ダービー史上、いや、サッカー史に残る一戦とは?

今週末の試合に胸を躍らせているのはバイエルン・ミュンヘンとドルトムントのファンだけではない。11月19日(土)にはメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とケルンによる「ラインダービー」が開催される。伝統の一戦を前に、当サイトドイツ語版はボルシアMGのマックス・エーベルSDとケルンのヨルク・シュマトケGMにインタビューを行った。

——ラインダービーが目前に迫っています。ファンにとって毎回このダービーはシーズンのハイライトです。お二人はマネジャーとして何度もこの熱狂を経験されていますが、いかがでしょうか?

シュマトケ このダービーはとても特別な試合です。両チームのファンにとっては大きな意味があります。スタジアムは満員になり、素晴らしい雰囲気になるでしょう。土曜の試合が本当に楽しみです。

エーベル 私も同じ見方をしています。ラインダービーは“通常の仕事”とは全く異なります。ボルシアMGにとってケルンは常に最大のライバルでした。今日では私にとってはちょっと変わりましたけどね。というのも、ヨルクが反対側に立っているので。

——お二人は互いのことをよくご存知です。互いをどのように思っていますか?

エーベル ヨルクがケルンのGMだからといって、私にとってこの対戦がフレンドリーマッチになることはありません。でも、ケルンとの関係性は変わりましたね。とはいえ、私はバイエルンからライン地方にやって来たので、これまでもケルンと最悪な関係性だったわけではありませんが。でも、この対決は好きですね。だって、ダービー戦があるって最高ですよ。ヨルクとは彼がボルシアMGのアシスタントコーチの時に知り合いました。当時、我々によい成績をもたらしてくれましたよ。ヨルクは信頼できるであろう人間です。

シュマトケ “できるであろう”ね(笑)

エーベル オッケー、オッケー(笑) 信頼できる、人間です。それに、とても尊敬しています。アーヘンとハノーファー、そして今はケルンで素晴らしい仕事をやってきました。この3クラブを立て直しましたから。この仕事でそれは頻繁にできることではありません。

シュマトケ どうもありがとう!

——シュマトケさんはマックス・エーベルという人物をとう見ていますか? 友情はあるのでしょうか?

シュマトケ まずは「友情」の定義から考えなくてはいけませんね。マックスと私は一緒に旅行に出かけたり、誕生日を一緒にお祝いする仲ではありません。でも、この仕事において互いに評価しています。私はマックスとのミーティングが好きですし、他の同業者に比べると頻繁に話し合っています。マックスは本物のエキスパートです。彼は自分の仕事を完璧に理解しているし、クラブにとって常に最善を尽くしています。

——ラインダービーでの特別な思い出はありますか?

エーベル 特別に記憶に焼き付いているダービーの思い出となると、ありませんね。おそらく、この対戦は毎回がハイライトであり、特別な歴史だからだと思います。それでも2010年秋、ミヒャエル・フロンツェックがチームの監督だった時の試合はよく覚えています。当時、我々は前半戦で2勝しか挙げられなかったのですが、それは両試合ともアウェーで、1試合がレーバークーゼン、もう1試合がケルンだった。そのシーズンはギリギリで降格を免れたんですよね。つまりダービー、あるいはダービーでの結果は、そのシーズンの調子とは必ずしも関係ないってことです。

——伝説の1973年ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝については、今日でも語り継がれているのでしょうか? ボルシアMGが2-1でケルンに勝利しました。

エーベル 毎日、ボルシア・パークの事務所に行くと、延長で決勝ゴールを決めたギュンター・ネッツァーのスパイクが飾ってあるショーケースの横を通ってますよ。

シュマトケ ・・・・・・。この試合の物語はこうです。ヘネス・バイスバイラー監督は試合前にレアル・マドリードへ移籍すると発言したネッツァーを90分間ベンチに座らせていました。でも延長戦が始まる前にネッツァーが自ら交代してピッチに入り、2回目のボールタッチで決勝ゴールを挙げた。ダービーを超えた大きな話です。これは地域を超え、ドイツの、いや世界のサッカーの歴史と言っていでしょう。少なくとも私の世代では誰もが知っています。