Summary

・ライプツィヒのMFナビ・ケイタ、独占インタビュー

・ブンデスリーガ初参戦のライプツィヒは前節、クラブ史上初の首位へ

・チームの現在の様子やウィンターブレーク前の目標は?

ブンデスリーガに初昇格したライプツィヒが第11節終了後、ついにバイエルン・ミュンヘンを抑えて首位に立った。今夏からチームに加入し、ここまで9試合に出場、3ゴールを挙げているギニア代表のMFナビ・ケイタ(21)が当サイトドイツ語版のインタビューに応じ、チームの躍進の理由を明かした。

——第11節を終えてライプツィヒは首位に立ちました。チームの成功の秘密はなんでしょうか?

ケイタ それぞれの連携とチームの団結力ですね。チームだけでなく、クラブ全体としてもです。朝に集まって、18時に解散する。その間、僕たちは互いにとても楽しんでいるし、練習中も食事の時間などもそうです。誰かが誰かを助けています。とても居心地が良いし、それが僕たちを強くしています。

——昇格組として毎週、成果を挙げています。

ケイタ そうですね。でも、僕たちは毎日ハードワークをしているので、それに値すると思います。今は全てが順調です。

——選手全員が喜びと情熱を持ってプレーしていることが見てとれます。

ケイタ その通りです。練習でもブンデスリーガの試合でも、貪欲に熱意を持ってプレーしています。それが僕たちの優れているところですね。

——ケイタ選手はこの夏にザルツブルク(オーストリア)からライプツィに移籍しました。ドイツはいかがでしょうか?

ケイタ 温かく迎えてもらい、すぐに居心地よく感じることができました。たくさん、そしてハードに働いています。それはとても楽しいです。僕は自分たちの攻撃的なサッカーが好きです。チームの雰囲気も素晴らしいし、クラブの隅々までもが素晴らしい。ここで何か大きなことが起こっていることを感じることができます。誰もが楽しみ、常に勝利し、さらに成長したいと思っています。

——チームメイトのプレーで最も感銘を受けたのは?

ケイタ エミル・フォースベルクです。彼はすごい選手で、テクニックがあります。僕たちはプライベートでも仲が良いです。彼は常にチームのために準備ができています。

——ライプツィヒが一敗したとしてもチームにとって影響はないだろうという声があります。ケイタ選手もそう思いますか?

ケイタ もちろん。初黒星を喫しても、すぐに連勝街道に戻るためにもっと熱く、もっと貪欲になるだろうと確信しています。さらに情熱的に取り組むことになるでしょうね。いつかは負けることになるというのはサッカー、そしてスポーツの世界では当たり前のことです。そうなった場合、敗因を分析し、次の試合で同じミスを繰り返さないこと。とりわけ、そこから何かを学ぶことが重要になってきます。

——この成果に対するラルフ・ハーゼンヒュットル監督の役割とは?

ケイタ ラルフ・ハーゼンヒュットル監督はこの成果の大きな部分を占めています。彼はコミュニケーションを重視する人です。試合中でも僕たちをサポートしたり、戦術の変更を指示するために頻繁に話し掛けてきます。試合開始前のローカールームではとても熱く、僕たちのモチベーションを上げてくれます。彼は常に正しい言葉を使います。選手たちにどうすれば思いが伝わるのか、よく分かっているのです。いつも機嫌が良いし、ポジティブな雰囲気を生み出そうとしています。僕たちは互いに信用しているんです。

——アウェーでの連戦となります。第12節(11月25日)のフライブルク戦はそのような試合になるでしょうか?

ケイタ 相手が本気でくることは分かっています。フライブルクでの試合は決して簡単ではないでしょう。何よりも重要なのは、冷静さと慎重さ保つことです。両チームはブンデスリーガ2部時代から互いのことを知っています。もちろん、僕たちは勝ち点3を持ち帰られるように頑張ります。

——ライプツィヒのウィンターブレークまでの目標は?

ケイタ 心配のないシーズンを送ることです。クリスマス前まで難しいプログラムが待っています。これまでと同じような成果を挙げられるプレーを心掛けますが、ウィンターブレークにはいったい僕たちがどの位置につけているか、楽しみにしていましょう。