Summary

  • チチャリートがメキシコ代表で通算46ゴール目をマーク
  • ボルヘッティ氏が保持していた代表最多得点記録に並んだ
  • チチャリートはレーバークーゼンのエースとして活躍

レーバークーゼンのチチャリートがメキシコ代表の最多得点記録を塗り替えようとしている。3月24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ最終予選で、メキシコはコスタリカに2ー0で勝利。この試合が代表89試合目となったチチャリートは通算46ゴール目を記録し、ハレド・ボルヘッティ氏が持つ代表最多得点記録に並んだ。

チチャリートは太ももに軽い違和感を抱えていたが、28日のトリニダード・トバコ戦にも出場。新記録の樹立こそならなかったものの、先発出場して1ー0の勝利に貢献した。現記録保持者のボルヘッティ氏は、「新記録達成がうれしいと言ったら嘘になる。でも、私の記録に並んだのだから今後塗り替えるチャンスはたくさんある」と少し残念そうに語った。「チチャリートは代表で60ゴール以上を決めることになると思う。素晴らしいことだね。彼が成し遂げてきたことにお祝いの言葉を言いたい」とも付け加えている。

レーバークーゼンの暫定監督を務めるタイフン・コルクトも、チチャリートの代表での活躍を喜ぶと同時に、彼が好調なままチームに戻ってくることを望んでいるに違いない。

ドイツで2年目を迎えたチチャリートは、ブンデスリーガ通算51試合で27ゴールを挙げているが、ボルヘッティ氏はさらなる活躍を期待している。「彼はメキシコ国内で重要な選手に成長し、海外に渡った。マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、そしてレーバークーゼンで活躍している。これまでクラブでは出場機会に恵まれないこともあったが、レーバークーゼンは違いを生み出す選手としてチチャリートと契約した。クラブの期待以上の活躍ができると思っている」

メキシコ史上最高のストライカーだったボルヘッティ氏の記録をチチャリートが塗り替える日は近い

「チチャリートにとって何よりいいのは、彼自身が満足して気持ちよく過ごせる場所にいることだ。今はそう見えるし、チームは彼に大いに頼っているから、これからもうまくやれると思う。クラブは彼の才能を生かすことができているし、彼に最も合っている。レーバークーゼンのユニホームを着てプレーするチチャリートがずっと見られれば最高だね」

チチャリートの活躍を喜んでいるのはボルヘッティ氏だけではない。代表通算得点ランキング4位でW杯で同国の最多得点を記録しているルイス・エルナンデス氏もまた、後輩の活躍を称賛する一人だ。“エル・マタドール”と呼ばれたエルナンデス氏は、「チチャリートが成し遂げていることは歴史に刻まれるだろう」と断言する。「前線での彼の動きは見事だし、マークを外した時のスペースの使い方も上手だ。メキシコの史上最高選手は長年、ウーゴ・サンチェスだと考えられてきたが、チチャリートも最高の選手になるだろうね」