Summary

  • 期限付き移籍でマインツに加入したボージャンの第一声
  • ボージャンはバルセロナの下部組織出身
  • マインツでの背番号はマリがつけていた10番に決定

この冬、ブンデスリーガに新たなビッグネームが加入した。マインツがイングランドのストーク・シティからボージャン・クルキッチ(26歳)を今季終了までの期限付きで獲得。ボージャンには今冬にウォルフスブルクへ去ったユヌス・マリの穴埋めが期待されている。

マインツのマーティン・シュミット監督は「チームにないものをもたらしてくれる選手。誰もが『マインツが突然ビッグネームを獲得した!』と思ったことだろう」と新戦力の到着を歓迎。ルーベン・シュレーダーSDも、バルセロナで育ち、10代でブレークしたボージャンのスター性に期待を寄せる。

「彼は輝きを放てる選手。そんな有名なプレーヤーがマインツを選んでくれたことをうれしく思う。経験豊富で違いを生み出せる選手だ。もちろん一人で勝てるものではないがね」

セルビア人の父とスペイン人の母を持つボージャンは、バルサの下部組織“ラ・マシア”の出身で、17歳の時にトップチームデビュー。2011年に同クラブを退団するまで、公式戦164試合に出場して41ゴール17アシストを記録している。その後はローマ、ACミラン(ともにイタリア)、アヤックス(オランダ)などを渡り歩き、2014年からストークでプレーしていた。

1月29日、新たなチームメートとともにドルトムント戦を観戦したボージャンは、翌30日に入団会見に臨み、新天地での豊富を語った。

——新天地のマインツについて

ボージャン ブンデスリーガでプレーできることをクラブに感謝したい。何より大事なのは1日でも早くチームに溶け込み、できるだけ早くチームメートと理解し合えるようにすることだ。

——ドルトムント戦でのスタジアムの雰囲気は?

ボージャン スアジアムで過ごせたのは素晴らしい経験だった。ファンもとてもいいね。マインツはいいチームだ。ここでプレーするのが楽しみだよ。

——新しいチームへの適応について

ボージャン 暮らす国や所属クラブを変えるというのは常に難しいことだから、大変なこともあるかもしれない。でも自分にとってはいい経験になるだろうし、楽観的に考えている。

——周囲からの高い期待について

ボージャン 普通の選手でありたいと思っている。ピッチ外ではなくピッチの上でクラブやチームを助けたい。

——マインツでの目標は?

ボージャン 最初から5歩進もうなんていうのは間違いだ。1試合1試合考えながらしっかり練習し、チームとして常に成長していけるようにしたい。それでシーズンの最後にどこまでいけるか見てみよう。

——ストークを離れた理由

ボージャン マーク・ヒューズ監督は今季、フィジカルが強くて体の大きな選手を好んで起用している。それは自分にとって好ましいことではなく、居心地も良くなかった。そうした理由からブンデスリーガに行きたいと思った。ヨーロッパ最高のリーグの一つだからね。

——マインツについて知っていること

ボージャン サッカーに興味がある人間ならドイツのサッカーも見ている。マインツはこの数年で目覚ましい成長を遂げたクラブだと聞いている。当然、僕自身もクラブに強い関心を持っていたし、欧州リーグ(EL)の試合も見ていた。

——ブンデスリーガ挑戦について

ボージャン もちろん、ブンデスリーガでもフィジカルは重視されるけど、マインツはどういうタイプの選手を獲得したか分かっているはずだ。僕はロングボールを使う選手じゃない。

——好きなポジションは?

ボージャン ここ数シーズンはトップ下でプレーすることが多かったけど、サイドもできるよ。最終的に決めるのは監督だ。

——代理人である“バルサのレジェンド”カルレス・プジョルについて

ボージャン バルサに加入した頃、カルレスがスタジアムでプレーするのを見ていた。のちにチームメートとして彼から学べたことは自分にとって名誉だった。今は代理人であり友人でもある。

——家族は?

ボージャン マインツでは一人でホテル住まいをすることになるけど、僕のガールフレンドも家族も出かけるのが好きだから、近いうちに来てくれるはずだよ。