Summary

  • ボルシアMGの新戦力、コロジエチャクの紹介
  • コロジエチャクはEL連覇の実績を持つ
  • 現役引退したドミンゲスの後釜として期待大

不振にあえぐメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は、ウィンターブレークの補強第1号としてセビージャ(スペイン)からDFティモテ・コロジエチャクを獲得した。ボルシアMGと2021年6月末までの契約を交わした25歳のフランス人選手を紹介する。

「セビージャでは名前を正しく発音してもらえなかったそうだよ」。入団会見の席上でスポーツディレクターのマックス・エーベル氏はそう言って笑った。コロジエチャクはポーランド出身の父と、カリブ海に浮かぶ島マルティニーク出身の母を持ち、1991年10月1日にフランス北部のアビオンで生まれた。その名字の発音の難しさから“コロ”のニックネームがついたが、こちらのほうがはるかに呼びやすい。

欧州リーグを2度制覇

コロジエチャクは25歳という若さながら、すでにいくつかのタイトルを手にしている。セビージャでは2015年、2016年に欧州リーグ(EL)連覇を達成。代表でもフランス代表の一員として2010年にU-19欧州選手権優勝を果たしている。

ランスのユースで育ったコロジエチャクは2008年にリヨンに移籍。17歳でリーグ戦デビューを果たすと、2012年にはニースへ移籍してリーグ戦71試合に出場した。フランス1部リーグでは通算83試合に出場して4ゴール。2014年にはセビージャへ移籍し、着実にキャリアアップの道を歩んできた。

セビージャでは主にセンターバックを任され、2014/15シーズンはリーグ戦18試合に出場。左サイドバックもこなせることから、よりその価値は高まっていった。ELでは一昨季のドニプロ(ウクライナ)との決勝戦でフル出場を果たし、昨季のリバプール(イングランド)とのファイナルでも途中からピッチに立った。そして、一昨季のEL、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)とボルシアMG戦にも出場している。

ドミンゲスの後釜として期待

セビージャ時代に敵として対戦したこともある新天地では、負傷を理由に現役を引退したアルバロ・ドミンゲスの後釜として期待される。「セビージャでの経験を生かしたい。ボルシアMGで重要な選手になって、責任を持てるようになりたい。これまでたくさんの経験を積んできたので、ブンデスリーガとそのプレースタイルにもすぐに馴染めると思っている」

ポジションを失ったセビージャを離れ、ドイツで心機一転を図るコロジエチャク。セビージャ時代に公式戦90試合出場(3ゴール1アシスト)の経験があり、1月5日の入団会見ではブンデスリーガでの活躍に自信をのぞかせた。エーベルSDも「センターバックも左サイドバックもこなせる選手。この移籍がまとまって非常にうれしい。まだ25歳だが、高いレベルで多くの経験を積んできている」と期待を寄せる。なお、ボルシアMGでは「25」番を背負うことが決まった。