Summary

・欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6戦

・バルセロナ対ボルシアMGは4ー0でバルセロナが圧勝

・ボルシアMGのFWハーン、試合後インタビュー

12月6日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第6戦が行われ、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は敵地でバルセロナ(スペイン)と対戦し、0ー4の完敗を喫した。この試合後、ボルシアMGのFWとしてフル出場を果たしたアンドレ・ハーンがインタビューに応じている。

――試合前はおそらく、ボルシアMG関係者、選手、ファンの誰もが楽しみにしていたゲームだと思います。90分間の戦いを終え、0ー4という結果になってしまい、今何を思うのでしょうか?

ハーン 前半はあまり勇気を持ってプレーすることができませんでした。アグレッシブさがなかったと思います。チーム全体がかなり低いポジションを取っていたため、敵の選手にアタックすることがうまくできなかったのです。後半は少し良くなりましたが、バルセロナの選手の個人技、そしてショートパス主体のサッカーは、私たちにとって大きな問題でした。

――アンドレ・シューベルト監督の意向で、チームはかなりディフェンシブな戦いをしており、時折6バックになることもありました。バルセロナに大してリスペクトしすぎていたのではないでしょうか?

ハーン 私も少し驚きましたが、それは監督が決めたことですし、チームとしてそれを受け入れ、私たちはベストを尽くすことだけに集中しました。もちろん、これだけの点差をつけられての敗北は苦い思い出となります。しかしそれでもこの試合を楽しめましたし、これを分析して、さらにチームを良くしていく必要があります。このような結果になってしまいましたが、手ごわい相手との試合を経験して、その中から糧にできるものがあるはずです。バルセロナ戦で見えた自分たちの弱点を克服していかなければなりません。

――11日のブンデスリーガ第14節では、ホームでマインツと対戦します。現在勝ち点は13で、順位も13位にいますね。8試合連続白星なしという状況を脱出するためには、特にどの点について気をつけなければなりませんか?

ハーン きょうの相手は世界でベストなチームの1つでしたが、マインツとの試合はまったく違ったものになるでしょう。日曜の試合では、勇気を持ち、アグレッシブに戦う必要があります。

――ウィンターブレイクへ入るまでに、ボルシアMGはこの状況を脱出することができるのでしょうか?

ハーン そうなることを、私は100%確信していますよ。

――この試合の前、ボルシアMGにとっては悪いニュースが聞こえてきました。あなたの同僚であるアルバロ・ドミンゲスが度重なる負傷を理由に、まさかの引退を発表しました。

ハーン 実は、私たちは全員、キックオフ直前のロッカールームで、このことを知ったんです。本当に残念でなりません。アルバロはチームに完全に溶け込み、本当に素晴らしい選手でしたから。27歳で現役を引退しなければならないなんて、プロスポーツの世界は本当に厳しいところだと思います。これまで長い間痛みに苦しめられてきた彼が、今後はもうそれから解放されたら良いのですが。1つの扉が閉まれば、もう1つの扉が開く・・・そんな風に今後のアルバロがうまくいくことを心から願っています。