Summary

  • 14位のボルシアMG、今冬初の補強
  • セビージャからティモテ・コロジエチャクを獲得した
  • フランス出身の同選手の本職はセンターバック

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は1月4日、スペインのセビージャからDFティモテ・コロジエチャクを獲得したことを発表した。契約は2021年6月末まで。

現在25歳のコロジエチャクは185cmの長身で、本職はセンターバックだが、左SBもこなすことができる。マックス・エーベルSDは、「ティモテ・コロジエチャクは我々の守備を強化してくれる選手だ」とこの移籍が実現したことに顔をほころばせた。

同選手は17歳の時にオリンピック・リオン(フランス)でプロデビュー。その後はニースでプレーし、2014年にセビージャへ移籍。同クラブでは欧州リーグ(EL)の連覇を経験した。

U-20以下の各カテゴリーでフランス代表に選出されているが、父親がポーランド出身のため二重国籍を保持しており、将来はポーランドA代表でプレーする可能性もある。

なお、現在14位と苦戦を強いられているボルシアMGはこの日、ディーター・ヘッキング新監督の下で初練習を行った。コロジエチャクは翌日からチームに合流する。