Summary

  • ボアテングが長谷部と鎌田所属のフランクフルトへ移籍
  • 約1年半ぶりにブンデスリーガでプレー

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは8月18日、ケビンプリンス・ボアテングを2020年6月30日までの契約で獲得したと発表した。

ヘルタ・ベルリンでプロデビューを飾ったボアテングは、現在バイエルン・ミュンヘンでプレーするジェローム・ボアテングの兄にあたり、過去にはACミラン(イタリア)や内田篤人のシャルケに在籍。2016/17シーズンからはラスパルマス(スペイン)でプレーしていたが、8月16日に契約を解除し、現在無所属となっていた。

ボアテングはフランクフルト公式HPを通じ、「ドイツという存在、とりわけブンデスリーガという存在が、私には欠けていました。フランクフルトが、私を家族とともにドイツへ引き戻してくれたことは、非常に大きな意味を持ちます。ブンデスリーガはかつてないほどクラブ間の力が拮抗したリーグとなり、そこで戦えることに喜びを禁じえません。できるだけ早くチームメートのことを理解し、彼らとともに勝ち点を稼いでいきたいですね。日曜のフライブルク戦に間に合えば最高です」とコメントしている。

ボアテングはこれまでブンデスリーガ通算98試合出場10得点の成績を収めており、セリエAでも通算85試合11ゴールと国外でも活躍してきた。