Summary

  • ホッフェンハイムのDFベンヤミン・ヒュープナー、インタビュー
  • 父のブルーノ・ヒュープナーがSDを務めるフランクフルトから決勝点を挙げる
  • チームは3位に浮上、次節は4位ドルトムントとCL自動出場権を懸けた大一番

ホッフェンハイムは4月30日、ブンデスリーガ第31節でアイントラハト・フランクフルトに1ー0で競り勝った。スコアレスで迎えた90分、CKに頭で飛び込んだのはDFベンヤミン・ヒュープナー。父のブルーノ・ヒュープナー氏がスポーツディレクターを務めるフランクフルト相手に土壇場で決勝ゴールを挙げ、チームを3位に導いた。試合後、同選手が当サイトのインタビューに応じた。

——ヒュープナー選手、フランクフルト戦はハードな戦いになりました。

ヒュープナー とても難しい試合でした。でも、試合終了間際にCKを獲得しました。僕たちはいつもセットプレーから相手にとって危険な場面をつくっています。僕のところに良いボールがきたので、うまく対応できました。そしたら、何が起きたかを理解する前に、チームのみんなが僕のところに来て、喜んでいました。

——お父様からはお褒めの言葉はありましたか? それとも叱責だったでしょうか?

ヒュープナー 「勝利おめでとう」と言ってれました。

——お二人の関係にヒビが入る、なんてことはありませんよね?

ヒュープナー 仲が悪くならないことを願ってます(笑) いや、僕のゴールも祝福してくれましたよ。いずれにしよ、僕の父ですからね。

——ホッフェンハイムが土壇場で決勝点を挙げることは珍しくありません。しかし、ディフェンスの選手にとっては0ー0の状況で勝ち越しゴールを待つのは、厳しくないでしょうか? 相手チームに決勝点を奪われる可能性もあるわけです。

ヒュープナー 守備の僕たちが失点をゼロに抑えることはもちろん、重要です。今回のフランクフルト戦のような試合では、後半に忍耐力を強いられます。カウンターを狙って、常にリスクを冒してきますから。でも、僕たちの頭は冴えていたし、セットプレーから運良く決勝ゴールを挙げることができました。

——ニクラス・ズューレ選手とケビン・フォークト選手と長い期間、3バックでプレーしていますが、コンビネーションはいかがですか?

ヒュープナー 試合ごとに良くなっていっていますよ。僕たちは後ろからとても良いポジショニングで、良いプレーをしています。また、チーム全体も後方からプレーを組み立てようとしています。このような3バックでやれることはうれしですし、チーム全体も機能しています。隣の選手が何をするのか分かっていることは、ディフェンスの選手にとっては大きなメリットです。

次節はCL出場権を争うドルトムントと直接対決

——欧州チャンピオンズリーグ(CL)の自動出場権が与えられる3 位の座を争うドルトムントとの決戦(5月6日)を前に、ホッフェンハイムが勝ち点1を上回っています。

ヒュープナー 僕たちの順位が上になりましたね。それがフランクフルト戦での目標でもありました。僕たちの状況は良いですし、自分たちに何ができるか分かっています。

——3位の座を明け渡したくはないですよね?

ヒュープナー それ以外の目標を設定する必要があるでしょうか? 今季4位以上、つまり CLのプレーオフ出場は少なくとも確定しているわけです。そうなると、他の目標はありませんよ。

——ドルトムントが負けると、3位争いの決着がついてしまうかもしれません。ホッフェンハイムの方が心理的に有利でしょうか?

ヒュープナー 僕たちに大きなプレッシャーはありません。それはドルトムント次第です。僕たちはアウェーに乗り込み、何かしらを持ち帰りたいと思ってます。