Summary

  • ブンデスリーガ最終節、ヘルタ対レーバークーゼン
  • ヘルタが2ー6で大敗、しかし来季EL出場権を獲得
  • ベンチ入りの原口に出番はなし

2016/17シーズンのブンデスリーガ最終節が5月20日に行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは本拠地でレーバークーゼンと対戦し、2ー6で敗れた。原口はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

ヘルタ・ベルリン 2ー6 レーバークーゼン

試合が動いたのは開始から5分後のことだった。バイタルエリア中央でボールを持ったブラントがスルーパスを送り、抜け出したチチャリートがGKヤルステインとの1対1でシュート。これは右ポストに当たってしまったが、跳ね返りを再びチチャリートが無人のゴールに押し込み、レーバークーゼンが先制する。

9分にはヘルタに決定機が訪れる。左サイドをオーバーラップしたプラッテンハートが低い弾道のセンタリング。GKレノがパンチングで弾いたこぼれ球を、フリーのワイザーが狙うも、左ポストの外へ流れてしまった。

14分、レーバークーゼンは最終ラインから裏へロングパス。走り込んだブラントがペナルティーエリア右からシュートを放ったが、ボールはサイドネットの外側に当たっている。

24分、ヘルタが再び左サイドからチャンスを迎えた。エスワインが倒されて獲得したFKを素早くリスタート。左SBプラッテンハートが駆け上がり、放り込んだセンタリングをワイザーが頭で合わせるも、枠の右へ外れている。

すると31分、レーバークーゼンはアタッキングサードで細かくパスをつなぎ、チチャリートが落としたボールをハフェルツがゴール。さらに前半ロスタイムにも、ブラントが左サイドを突破し、ペナルティーエリア左からマイナスに折り返すと、再びハフェルツがネットを揺らす。レーバークーゼンがリードを3点に広げ、試合はハーフタイムに突入した。

後半最初のチャンスは54分、ペナルティーエリア外、正面のダリダが左にパスを送り、イビシェビッチがGKと1対1の場面を迎えるも、シュートはレノがブロックした。

すると63分、ペナルティースポット付近でダリダがアランギスを倒してしまい、アイテキン主審はレーバークーゼンにPKを与える。これを64分、キースリングが冷静にゴール左上段へ蹴り込み、レーバークーゼンのリードはついに4点に広がる。

しかし本拠地開催のヘルタも意地を見せる。71分、ペナルティーエリア左に流れたカルーが横パスを送り、最後は右ポスト手前のワイザーが右足で得点。ヘルタがようやく1点を返した。

ところが残り10分となったところで、ペナルティーエリア内のトルナリガがベイリーを倒してしまい、再びレーバークーゼンにPKが与えられると、81分にこれをアランギスがゴール右下に決め、レーバークーゼンのリードは再び4点になる。

しかしまだ試合は終わらない。86分にヘルタもPKを獲得し、アラギがゴールを奪うも、90分にはダコスタのセンタリングからポーヤンパロが頭で合わせ、お互いに1点ずつを追加。このまま6ー2で終了し、レーバークーゼンが最終戦を白星で飾った。

ヘルタは黒星を喫したものの、フライブルクバイエルン・ミュンヘンに敗れたため、6位でシーズンをフィニッシュ。念願だった欧州リーグ(EL)本戦出場権を獲得している。

【得点】

ヘルタ・ベルリン:ワイザー(71分)、アラギ(86分)
レーバークーゼン:チチャリート(5分)、ハフェルツ(31分、45+1分)、キースリング(64分)、アランギス(81分)、ポーヤンパロ(90分)

【ラインナップ】

ヘルタ(4ー4ー2)
ヤルステイン;ペカリク、ブルックス(46分 ラングカンプ)、トルナリガ、プラッテンハート;ワイザー、ダリダ、アラン(46分 シェルブレッド)、エスワイン(69分 アラギ);イビシェビッチ、カルー

レーバークーゼン(4ー4ー2)
レノ;ヘンリクス、ター、イェドバイ、ウェンデル(71分 ダコスタ);ハフェルツ、バウムガートリンガー、アランギス、ブラント;キースリング(73分 ポーヤンパロ)、チチャリート(79分 ベイリー)