Summary

・ブンデスリーガ第26節ヘルタ対ホッフェンハイム

・ヘルタはペカリクが先制弾も、その後3失点で逆転負け

・原口は65分に途中出場

3月31日、ブンデスリーガ第26節初日が行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは本拠地でホッフェンハイムと対戦し、1ー3で逆転負けを喫した。ベンチスタートの原口は65分に途中出場したが、得点には絡まなかった。

ヘルタ 1ー3 ホッフェンハイム

5位ヘルタと4位ホッフェンハイムの上位対決は、ホッフェンハイムが最初にチャンスを作り出した。

8分、アタッキングサードまで上がっていった中央のトーリヤンが、右に開くクラマリッチへ預けると、クラマリッチはペナルティーエリア右から強烈なシュートを放つ。しかしヘルタの守護神ヤルステインがパンチングで防ぎ、CKに逃げた。

同じ8分、この左CKにヒュープナーが頭で合わせると、ボールはGKの横を抜け、ネットへ向かって行くが、カバーに入っていたミッテルシュテットがライン上でクリア。ヘルタは決定的なピンチを防ぐことに成功する。

17分、原口に替わり先発出場を果たしたエスワインが右サイドをドリブルで突破し、中央へグラウンダーセンタリングを入れる。後方から入ってきたカルーが右足で合わせるも、これはGKバウマンがブロックした。

すると32分、ペナルティーエリア手前、左サイドのカルーが横パス。ゴール正面のエスワインがミドルレンジから右足を振り抜いたが、これがミスキックとなってしまう。しかし幸運にも、ボールはファーサイドでフリーだったペカリクの足下に転がり、ニアサイドにシュートを決め、ヘルタが先制点を奪った。

ところが38分、自陣ゴール前でミッテルシュテットがアミリにファウルを犯し、PKを与えてしまうと、この1分後、クラマリッチがこれを左下へ冷静に沈め、試合は1ー1の同点となる。

後半に入り58分、ミッテルシュテットがアミリに対して厳しく寄せたところ、ファウルとなってしまい、ブラント主審はミッテルシュテットに対してこの試合2枚目のイエローカード。ヘルタは残り30分以上を、1人少ない状態で戦わなければならなくなった。

63分にはイビシェビッチを下げトルナリガを、65分にはカルーを下げ原口を投入し、テコ入れを図ったヘルタだったが、徐々に防戦一方の展開となっていく。

66分、バイタルエリア正面からクラマリッチが強烈なシュートを放つも、ヘルタゴールのクロスバーを直撃。その跳ね返りを再びクラマリッチが狙ったが、これも右ポストに当たってしまう。

さらにその2分後、ルディの縦パスからデミルバイがペナルティーエリア右へ進入。縦に持ち運び右足を振り抜くも、今度は左のポストに弾かれる。

ここまでなんとか持ちこたえていたヘルタだったが、76分、ズューレに約25mの位置から弾丸ミドルを決められてしまい、ついに逆転を許してしまった。

さらに86分にも、1本のロビングパスであっさり裏を取られると、ワーグナーのグラウンダークロスからクラマリッチにこの日2点目をマークされる。

このまま試合は終了し、暫定ながらホッフェンハイムはドルトムントを抜いて3位に浮上。一方のヘルタは今季ホーム2敗目を喫し、暫定4位ドルトムントとの勝ち点差は6に広がっている。

【得点】

ヘルタ:ペカリク(32分)
ホッフェンハイム:クラマリッチ(39分、86分)、ズューレ(76分)

【ラインナップ】

ヘルタ(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、ミッテルシュテット(58分 退場);シュターク、シェルブレッド;エスワイン(79分 アラギ)、ダリダ、カルー(65分 原口);イビシェビッチ(63分 トルナリガ)

ホッフェンハイム(3ー4ー3)
バウマン;ズューレ、フォークト、ヒュープナー;トーリヤン、デミルバイ(90分 ポランスキ)、ルディ、ツバー;クラマリッチ(88分 ソロイ)、ワーグナー、アミリ(62分 ウト)