Summary

・ブンデスリーガ第25節ケルン対ヘルタ

・1G1Aの大迫とともにケルンを大勝へ導いたモデステの試合後インタビュー

・大迫との空手パフォーマンス、鍋をかきまぜる仕草について語った

3月18日、ブンデスリーガ第25節2日目が開催され、大迫勇也のケルンは、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンに4ー2で勝利した。この試合で3ゴールを決め、1ゴール1アシストの大迫とともにケルンを大勝へ導いたアントニー・モデステの試合後インタビューは、下記の通りとなっている。

――素晴らしい試合でしたね。

モデステ 長い間、良い試合ができず、勝利から見放されていました。この試合の前に我々は、持てる力をしっかりとピッチの上で出し切ろうと話し合いましたが、それがうまくいき、非常に良いゲームだったと思います。上位に残るためには、ヘルタ戦で絶対に勝たなければなりませんでした。今日のような試合を毎回できると、私は信じています。

――今季2回目のハットトリックです。このシーズン、あなたがここまで残してきた結果は本当に素晴らしいですが、人生でも最も素晴らしいシーズンではないでしょうか?

モデステ 調子は本当に良いですね。プレシーズンで素晴らしい準備ができたからですね。私も、私の家族も、ここにいられて本当に幸せですよ。

――3ー0になった時、何かパフォーマンスをしていませんでしたか?

モデステ 大迫と一緒に空手のパフォーマンスをしたんです。映画の「ラッシュアワー3」から思いつきました。あれも黒人と日本人(※香港出身ジャッキー・チェンの誤り)の話ですからね。

――その後は?

モデステ どれについてですか?

――チーム4点目、つまりあなたにとっての3点目です。

モデステ 正直、何をしたか覚えていません。今日はたくさんパフォーマンスの機会があったので・・・。

――こちらからは、あなたが鍋をかきまぜて、何かをすぐに食べているような仕草に見えました。

モデステ あー、その通りです(笑)実はシーズン開幕前に、チームの理学療法士と賭けをしたんです。「もし私がシーズン20得点を決めたら、レストランで食事をおごってもらう」と。パフォーマンスはそういう意味です。でも彼と2人だけでは少し退屈ですから、チームメートのみんなも連れていきましょうかね(笑)

――フランス代表でプレーしたい、というあなたの夢は誰もが知っています。もちろんディディエ・デシャン監督も知っているでしょう。しかし、今回の代表戦であなたはフランス代表に呼ばれませんでした。少なからず失望感があったと予想していますが。

モデステ 正直に言いますが、そのことは今は本当にどうでもいいんです。まず大事なのはFCケルンですし、ここでプレーできて幸せなのですから。ただ、この先も同じようにゴールを積み重ねたら、何かが起きるかもしれませんね。もちろんフランス代表チームというのは、私にとってどんな時も大きな刺激です。