Summary

  • ヘルタのFWデービー・ゼルケが負傷離脱
  • 26日のトレーニング中に中足骨を負傷
  • 戦列復帰までには数週間を要する見込み

ヘルタ・ベルリンのFWデービー・ゼルケが、7月26日のトレーニング中に負傷して回復までに数週間を要することが分かった。

ゼルケはUー21欧州選手権に参加していた影響で、新天地ヘルタのチーム練習に遅れて合流。新シーズンの開幕に向けて急ピッチで調整を進めていたが、26日の練習中に中足骨を負傷した。翌27日の検査で骨髄浮腫が認められ、ピッチに戻るまでに数週間を要すると診断されている。

ゼルケの負傷離脱についてパル・ダールダイ監督は、「残念だ。特にデービーにとってはね。意欲満々で新しいクラブでスタートしようと思っていた矢先のケガだったから。我々はデービーが回復するまで数週間待たなければならない。でも、彼は前向きな気持ちでいてくれると思う。プレーできるようになったら、我々を助けてくれるだろう」とコメントしている。

ヘルタは8月19日のブンデスリーガ開幕戦で昇格組のシュトゥットガルトとホームで対戦する。