Summary

  • 原口の同僚アラギ、来季から宮市のザンクト・パウリへ
  • ヘルタとの契約は満了

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは5月20日、同クラブに所属するサミ・アラギが契約満了に伴い、今夏に宮市亮のザンクト・パウリへ移籍することを発表した。ザンクト・パウリにとっては、2017/18シーズンに向けた最初の新加入選手となる。

今月28日に31歳となるアラギとザンクト・パウリの契約は2019年6月30日までとなっており、同クラブでスポーツディレクターを務めるアンドレアス・レティッヒ氏は、「サミはこれまでのキャリアで得点力を見せ続け、得点につながるラストパスのクオリティーも高く、そして経験豊富な選手でもあります。彼には他にも可能性がありました。しかしその状況で、彼が我々ザンクト・パウリを選んでくれて、本当に嬉しく思っています」とコメントを残している。

またアラギも同クラブ公式HP内で、「ザンクト・パウリのような、ドイツの他のクラブとは一切比べることのできないクラブの一員となれることを、非常に喜んでいます。ザンクト・パウリは特別な存在です。来シーズン、チームが成功を手にするために、全力を尽くしていきます」と語った。

アラギはこれまでブンデスリーガ107試合25得点、同2部106試合36得点の成績を残している。