Summary

  • ヘルタがザルツブルクから21歳のMFラザロを獲得
  • 完全移籍のオプションが付いた期限付き移籍
  • オーストリアリーグでは87試合で11ゴール13アシストを記録

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは8月3日、ザルツブルクからオーストリア代表MFバレンティーノ・ラザロ(21)を期限付きで獲得した。契約には完全移籍のオプションがついている。

ミヒャエル・プレーツSDは、「バレンティーノとの契約がまとまりうれしく思う。彼はそのクオリティとユーティリティ性でチームの攻撃力をさらに高めてくれるだろう。我々がかなり前から彼に注目していたのは周知の事実。だからこそ、いい解決策を見つけられて良かった」と、獲得実現を喜んだ。

ラザロは、「移籍が決まってとてもうれしい。ヘルタとはかなり前からコンタクトを取り、プレーツSD、パル・ダールダイ監督と話をしていた。僕を本当に欲しがってくれているということを感じることができた」とコメント。現在負傷中で当面はフルメニューを回避することになるが、「しばらく辛抱しなければいけないが、治れば100%の力でやっていく。チームメートとサポーターに会うのがとても楽しみだ」と完全復帰を心待ちにしていた。

ラザロは2011年にザルツブルクのユースに加入し、2012/13シーズンにトップチームに昇格。2012年12月に16歳でプロデビューを飾った。中盤のセンターとサイドをこなすだけでなく、サイドバック起用にも応えながらチームの主力に成長。リーグ通算87試合で11ゴール13アシストを記録し、5度のリーグ制覇と4度のカップ戦優勝を経験している。

2014年にはオーストリア代表デビューを果たし、これまで8試合に出場。過去3シーズンで欧州チャンピオンズリーグ予選の9試合に出場しており、国際経験も豊富だ。