Summary

  • ブンデスリーガ5万ゴール誕生
  • 決めたのはレーバークーゼンのカリム・ベララビ

ブンデスリーガ第21節初日が2月17日に行われ、レーバークーゼンのカリム・ベレラビがアウクスブルク戦でブンデスリーガ5万ゴール目を挙げた。

ブンデスリーガが開幕した1963年8月24日、栄えある初ゴールを挙げたのはドルトムントティモ・コニーツカだった。ベララビもまた、ブンデスリーガの歴史にその名が刻まれることになる。

アウクスブルク対レーバークーゼンの23分、ベララビが記念すべき5万ゴール目を決めた

【ブンデスリーガ思い出のゴール集(動画)】

【節目のゴール】

4万5000ゴール目:カカウ(2011年4月30日)

セレッソ大阪にも在籍したブラジル出身のカカウがシュトゥットガルト時代にブンデスリーガ4万5000ゴール目を決めた。ホッフェンハイムに先制を許したが、このカカウの得点で同点に追いつき、最終的に2-1で勝利を収めた。なお、岡崎慎司はカカウのゴールが生まれる4分前にベンチに下がっている。

4万ゴール目:トーマス・ブロイヒ(2005年9月20日)

メンヘングラートバッハのブロイヒがブレーメン戦で挙げた同点弾。その後、相手のオウンゴールで逆転勝利を収めた。

3万5000ゴール目:クリスティアン・リステシュ(2000年2月5日)

シュトゥットガルトのクリスティアン・リステシュがブレーメン戦で挙げた同点弾。しかし、チームは1-2で敗れた。

3万ゴール目:フランク・ノイバルテ(1994年4月6日)

ブレーメンのフランク・ノイバルテがフライブルク戦でハットトリックと3万ゴール目を挙げた。試合は3-2で勝利している。