Summary

  • ブンデスリーガ第7節最終日、ヘルタ対バイエルン
  • バイエルンはアンチェロッティ解任後、初の公式戦
  • 原口のアシストにより、ヘルタが2点のビハインドから引き分けに持ち込む

ブンデスリーガ第7節最終日が10月1日に行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは本拠地でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、2ー2で引き分けた。今季初先発となった原口はドリブル突破からヘルタの1点目をアシストし、勝ち点1獲得に貢献した。

ヘルタ・ベルリン 2ー2 バイエルン・ミュンヘン

バイエルンにとっては、カルロ・アンチェロッティ監督の電撃解任後、初の公式戦。この試合、最初にチャンスを迎えたのは、そのバイエルンだった。2分、ロッベンが右からカットインし、ファーサイドにクロスを入れると、走り込んだリベリが頭で合わせる。しかしこれはGKヤルステインの正面に飛んでしまった。

さらに4分、キミッヒが送った右CKをフメルスがヘディングシュート。だがこれも、右ポストのわずかに外側へ流れてしまう。

すると10分、左サイド高い位置からのFKは一度ファーサイドへ流れるも、これを拾ったロッベンが後ろに戻し、ボアテングが放り込んだクロスをフメルスが頭でゴール。バイエルンが早い時間帯に先制点を奪った。

ヘルタも16分、右サイドのアタッキングサードに進入したワイザーが中央のダリダへ預けると、敵をかわしてペナルティーエリア右からシュートを放つ。しかしこれは惜しくも枠の左へ外れる。

同じ16分、レッキーのグラウンダーセンタリングを受けたダリダが、ゴール前でマルティネスと競った際に転倒し、主審はヘルタにPKを与える。しかし2分間行われたビデオ判定の末、マルティネスのファウルはなかったと判断。ドロップボールでバイエルンが自陣ゴール前から試合を再開する。

35分、カルーが低い位置でボールを失い、ペナルティーエリア右に走るレバンドフスキへボールが出る。レバンドフスキはGKもかわし、無人のゴールへシュートを放ったが、カバーに入ったシュタークがライン上でクリアした。

後半に入ると、立ち上がりから試合が慌ただしく動きだす。まずは49分、トリッソがゴール前へ長いパスを送ると、シュタークとレバンドフスキが競り合い、こぼれたボールに再びレバンドフスキが素早く反応。左足でニアサイドのネットを揺らし、バイエルンがリードを2点に広げる。

しかしここからヘルタの逆襲が始まる。51分、ペナルティーエリアにドリブルで進入した原口が、キミッヒ、ボアテング、そしてフメルスをかわしつつ右へ流れ、中央にセンタリング。最後はドゥダが押し込み、ヘルタが1点を返す。

さらにその5分後、左からのFKをプラッテンハートが放り込み、ゴール前でこぼれ球に反応したカルーが同点弾を決めた。

その後は両チームともに決定機を作り出せないまま時間が進み、78分にようやくレバンドフスキが約20mの位置から強烈なミドルシュート。ヘルタゴールを脅かすも、ボールは左ポストのわずかに外へ流れた。

このまま試合は終了し、両チームともに勝ち点1を分け合う結果となっている。なお、この試合のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)には原口が選出された。

【得点】

ヘルタ・ベルリン:ドゥダ(51分)、カルー(56分)
バイエルン・ミュンヘン:フメルス(10分)、レバンドフスキ(49分)

 

【ラインナップ】

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ワイザー、シュターク、レキク、プラッテンハート;シェルブレッド、ダリダ(80分 ルステンベルガー);レッキー、ドゥダ(75分 ラザロ)、原口(87分エスワイン);カルー

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;キミッヒ、ボアテング(79分 ズューレ)、フメルス、アラバ;マルティネス、トリッソ;ロッベン(59分 ティアゴ)、ミュラー、リベリ(62分 コマン);レバンドフスキ