Summary

  • ブンデスリーガ第2節、シュトゥットガルト対マインツ
  • 日本人対決となった浅野と武藤の試合後コメント
  • 両選手はこの後、日本代表として大事な試合に臨む

ブンデスリーガ第2節が8月26日に行われ、浅野拓磨の所属するシュトゥットガルトは今季初のホーム戦で武藤嘉紀が所属するマインツを1-0で下し、初勝利を飾った。試合後、両選手がインタビューに応じた。

【浅野拓磨】

——昇格して初のホーム戦で、リーグ初勝利です。試合を振り返っていかがでしょうか?

浅野 まずはピッチに出たいという気持ちが強かったです。途中からでも出たら、どんどんゴールを狙っていこうと思っていました。そういうプレーは出せたかなと思います。何より、勝利できたことが良かったです。

——ディフェンスをかわしてのシュートが左に逸れた惜しいシーンもありました。

浅野 自分としてはイメージ通りですけど、あとはシュートのところだけ質を上げていかなきゃいけないなと思います。ああいうプレーをもっともっと増やしていければいいかなと。昨年もそんなに多くなかったので、自分で行ってシュートっていうのは。ああいうところは自分の強みでもあるので、自信を持ってやっていきたいなと思います。

——気持ちを切り替えて、次は大事な日本代表戦になります。

浅野 今日ゴールを取って、良い形で臨みたかったなとは思います。ゴールは取れなかったですけど、しっかり切り替えて、オーストラリア戦で(ワールドカップ出場を)決めるという気持ちでやっていきたいなと。自分がピッチに立てるかどうかは分からないですけど、立ったときのイメージは常に持っているので、自分がゴールに絡んで、日本の勝利に貢献できるように、そういう強い気持ちでやってきたいと思います。

浅野は63分からの途中出場。シュトゥットガルトは1点を守り抜き、今季リーグ初勝利となった

【武藤嘉紀】

——開幕2連敗と、厳しいスタートになりました。

武藤 厳しいですね。厳し過ぎる。

——得点も2試合でゼロです。

武藤 チームが今日みたいに暑いときに戦えていないというか、走り負けている。そこで負けていると、試合で良い内容はつくりづらくなるので、まずはそこからなんじゃないかなと思います。

——終盤にシュート2本を打ちましたが、それまではなかなかフィニッシュまでいけませんでした。

武藤 完全に孤立している。攻撃の時に1人しかいないですし、サイドからのクロスとかも少なくて。イチかバチか裏へのパスだったり、(クロスも)上げてみないと分からないこともあると思うので、そういうゴールに直結するようなプレーをもっとしていかなくてはと思います。

——日本代表に復帰しました。リーグ2試合連続でフル出場できたのはポジティブなことではないでしょうか?

武藤 かなりポジティブですね。自分の動き自体は良いですし、あとは結果さえついてくれば、がらっと変わると思うので、チームとしても同じ状況だと思うので、とにかく自分が変えられるように。今からは代表に切り替えて、代表で点をとること、活躍すること、日本が勝つことを考えてプレーしたいなと思います。