Summary

  • ブンデスリーガ第16節、ドルトムントとアウクスブルクが対戦
  • アウクスブルクのチ・ドンウォンが古巣相手に先制弾
  • ドルトムントはデンベレのゴールで追いつき、ホーム無敗をキープ

ブンデスリーガ第16節が12月20日に行われ、香川真司が所属するドルトムントが宇佐美貴史所属のアウクスブルクと1ー1で引き分けた。香川はリーグ戦7試合ぶりの先発出場を果たし、同点ゴールをアシスト。宇佐美はベンチ入りしたものの出番はなかった。

ドルトムント 1ー1 アウクスブルク

試合はホームでの必勝を期すドルトムントが主導権を握り、序盤からアウクスブルクのゴールに迫る。9分、左サイドから中央へ切れ込んだゲッツェがポスト直撃のシュートを放つと、12分にはオバメヤンがFKから直接ゴールを狙う。30分にはオバメヤンの折り返しに合わせた香川のシュートがアウクスブルクのGKヒッツを強襲。ドルトムントのゴールは時間の問題かに思われた。

しかし、先制したのはアウクスブルクだった。33分、モラベクのパスに反応したチ・ドンウォンが左サイドを抜け出してペナルティーエリア内に侵入。最初のシュートはGKバイデンフェラーに防がれたが、こぼれ球を自らプッシュしてゴールネットを揺らした。

流れに反してリードを奪われたドルトムントは41分、シュメルツァーのクロスをオバメヤンが頭で合わせるが、シュートはわずかにゴール左。1点ビハインドのままハーフタイムを迎えた。

ドルトムントは後半開始からバルトラに代えてベンダーを投入し、システムも4バックにシフト。序盤はワイドに開いていた香川やデンベレが中央でボールに触れる機会が増える。すると47分、その香川とデンベレが素早いパス交換で中央を崩し、香川のラストパスをデンベレが流し込んで同点。後半開始わずか2分で試合を振り出しに戻した。

このゴールで再びペースをつかんだドルトムントは50分、プリシッチの右クロスをオバメヤンや華麗なジャンピングボレーで合わせるが、これは惜しくもGK正面。59分にはデンベレのスルーパスに抜け出した香川が、中央でフリーになっていたメリーノへ折り返そうとするがミスキックでチャンス逸する。

その後もドルトムントが攻め続け、66分にメリーノ、77分にはオバメヤンが絶好のチャンスを迎えるが、いずれもシュートは枠の外。88分にはオバメヤンの強烈なシュートがGKのファンブルを誘うが、こぼれ球に反応したカストロ、シュアレともに詰め切れなかった。結局、1ー1のままタイムアップを迎え、ドルトムントはリーグ戦3試合連続ドローとなった。

【得点】
ドルトムント:デンベレ(47分) アウクスブルク:チ・ドンウォン(33分)

【ラインナップ】
ドルトムント(3ー4ー3)
バイデンフェラー;ギンター、バルトラ(46分 ベンダー)、メリーノ;プリシッチ、バイグル、ゲッツェ、シュメルツァー;デンベレ(81分 シュアレ)、オバメヤン、香川(71分 カストロ)

アウクスブルク(4ー1ー4ー1)
ヒッツ;フェアハーク、グーベレーウ、ヒンテレッガー、スタフィリディス;バイヤー;シュミード、コア(78分 カチャル)、モラベク(73分 フォイルナー)、タイグル;チ・ドンウォン(90分 アルティントップ)