Summary

  • 英国人のオックスフォードとハインズが新たなにブンデスリーガに挑戦
  • ブンデスリーガでプレーする英国人はハインズで17人目
  • ブンデスリーガの歴史に名を残した英国人選手を紹介

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)に期限付き移籍で加入したリース・オックスフォードに続き、英国人のケイラン・ハインズがアーセナルからウォルフスブルクに加入した。ハインズはブンデスリーガでプレーする17人目の英国人選手となる。

3年契約でウォルフスブルクに加入した19歳のハインズは、初出場となったハンザ・ロストックとの練習試合でいきなりゴールを挙げる幸先の良いスタートを切った。彼はブンデスリーガで活躍した歴代の英国人選手たちに続くことができるのか。これまでドイツで実績を残してきた5人の英国出身選手を紹介する。

1)オーウェン・ハーグリーブス
(バイエルン・ミュンヘン 2000年〜2007年)

ハーグリーブスはブンデスリーガで最も多くのタイトルを獲得した英国人選手だ。カナダのカルガリーで生まれ、16歳でバイエルン・ミュンヘンのユースアカデミーに加入すると、トップデビューを飾った2000/01シーズンにいきなりブンデスリーガと欧州チャンピオンズリーグ(CL)の二冠を達成。その後はレギュラーに定着し、ブンデスリーガ優勝3回、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)優勝3回と着実にタイトルを積み上げていった。

ブンデスリーガでは通算145試合に出場し、2006年にはイングランド年間最優秀選手賞を受賞。しかし、同年に足を骨折して以降、そのケガから完全に復調することはなかった。2007年に母国イングランドに渡って再起を期したが、移籍先のマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティでも継続的にプレーすることはかなわず。2012年に31歳の若さで現役を退いた。

バイエルンで4度のリーグ優勝を経験したハーグリーブス

2)ケビン・キーガン
(ハンブルガーSV 1977年〜1980年)

キーガンがハンブルガーSVに移籍してきたのは1977年。リバプールで欧州チャンピオンズカップ(現CL)優勝を果たした直後のことだった。ドイツでのキャリアは前途多難だったが、1977/78シーズンの後半になると実力を発揮。ブンデスリーガデビューシーズンに12ゴールを決めた。

「マイティ・マウス」と呼ばれ、ハンブルクのサポーターから愛されたキーガンは、1978年と1979年にバロンドールを受賞。キーガンの活躍もあって、ハンブルクは1978/79シーズンに19年ぶりのリーグ優勝を果たした。翌シーズンにはブンデスリーガと欧州チャンピオンズカップで準優勝という成績を置き土産に、プレミアリーグのサウサンプトンへ去って行った。

キーガンはハンブルガーSVに黄金期をもたらした

3)ポール・ランバート
(ドルトムント 1996年〜1997年)

ドルトムントで記憶に残る1シーズンを過ごしたランバートもまた、ドイツの地で人気者となった。1997年、ユベントスとのCL決勝で彼に課せられた仕事はジネディーヌ・ジダンのマンマークだった。質実剛健なMFであるランバートは、ジダンのマークというテストに見事に合格。英国のチーム以外でCL優勝を果たした初のスコットランド人選手になると同時に、「チャンピオンズリーグ」への名称変更後、タイトルを手にした初の英国人選手になった。

現在は監督として活躍するランバートは当時をこう振り返る。「勝てる気がしていた。あの頃のドルトムントを倒せるチームは、真にいいチームでなければならなかった。ドルトムントの選手は他とは全く違うメンタリティを持っていたんだ。趣味ではなく仕事としてサッカーに真剣に取り組んでいた。ドルトムントは僕の人生に影響を与えた。素晴らしい経験だったね」

ランバートは1997年のCL決勝でジダンをマーク

4)トニー・ウッドコック
(ケルン 1979年〜1982年、1986年〜1988年)

イングランド代表として42のキャップ数を誇るウッドコックは、ブンデスリーガで成功を収めた選手の一人としても知られる。二度にわたってケルンに在籍し、ブンデスリーガ通算131試合に出場して39得点という記録を残している。

最初にケルンにやって来たのは1979年。ノッティンガム・フォレストで欧州チャンピオンズカップ優勝を果たした直後だった。ヨーロッパであればどこへでも行けたはずだが、彼はなぜケルンを選んだのだろうか。その理由について本人は、「ケルンは美しい町で、町とクラブが一体となっている」と話している。1988年には家族が別の土地に引っ越しをしないで済むよう、2部のフォルトゥナ・ケルンでプレーをすることを選択。「ケルン出身なら、ケルンを応援するだろう。ドイツはヨーロッパで最強のリーグだったし、素晴らしい選手たちがいた。ブンデスリーガは人気のあるリーグだった」

ケルンの町を非常に気に入っていたというウッドコック

5)オリバー・バーク
(ライプツィヒ 2016年~)

ウッドコックは過去形で語っていたが、ブンデスリーガは今も人気があるリーグだ。ライプツィヒでプレーする20歳のバークに聞いてみるといい。バークはウッドコックと同じようにノッティンガム・フォレストから2016夏にブンデスリーガに参戦。昇格したばかりのライプツィヒの一員となり、多くの人を驚かせた。英国メディアによると移籍金はスコットランド人プレーヤー史上最高だったという。

昨季はブンデスリーガ25試合に出場。今季はCL出場を楽しみにしている。「ブンデスリーガに来られて最高だ。ブンデスリーガでプレーするというのは、バイエルンや他のビッグチームと対戦するってことだ。ここに来てすぐに、自分は成長できるって分かった。最高の設備も整っている。ライプツィヒでブンデスリーガ優勝を果たしたい」。野心的な若者はドイツでの2年目についてそう語っている。

ブンデスリーガ挑戦1年目でライプツィヒの躍進に貢献したバーク