Summary

  • ハンブルガーSVとブレーメンの“北部ダービー”が今週末に開催
  • 通算対戦回数はブンデスリーガ歴代最多の107回目
  • ブンデスリーガで開催数が多い対戦カードを紹介

ブンデスリーガ第7節の最注目カードはハンブルガーSVブレーメンによる通算107回目の“北部ダービー”だろう。伝統クラブ同士が激突するこの一戦は、リーグ史上最も対戦回数が多いカードだが、これに次いで開催数が多いのはどの組み合わせなのか。伝統のダービーマッチを前に、ブンデスリーガにおける開催数トップ5をピックアップ。その対戦を彩ってきた選手たちを紹介する。

ハンブルガーSVブレーメン(通算106回)

【通算対戦成績】ハンブルガーSV:34勝|引き分け:34|ブレーメン:38勝

北ドイツの両雄が火花を散らす“北部ダービー”は、何十年にもわたってドイツ中のサッカーファンを熱狂させてきたリーグの歴史そのものである。100を超える対戦の中でも最も印象深いのは、わずか18日間で4度の対戦があった2009年だろう。両チームは4月末からドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)、欧州リーグ(EL)、ブンデスリーガで立て続けに対戦。ブレーメンがDFB杯、ELともに決勝進出を果たし、リーグ戦でも2ー0の勝利を収めた。

記念すべき両チームの初対決は1963年10月12日で、この時はアーノルト・シュッツのハットトリックなどでブレーメンが4ー2で勝利。“北部ダービー”で歴代最多の7ゴールを記録したシュッツ氏はクラブのレジェンドになった。一方、ハンブルク側のダービー得点王は、現在DFBでスポーツディレクターを務めるホルスト・ルベッシュ氏で、こちらも通算7ゴールを挙げている。

ハンブルガーSVバイエルン・ミュンヘン(通算104回)

【通算対戦成績】ハンブルガーSV:19勝|引き分け:22|バイエルン・ミュンヘン:63勝

“北部ダービー”に次いで2位にランクインしたのが、南北の名門クラブによる頂上決戦だ。両チームはリーグ創設期からブンデスリーガの舞台でしのぎを削り、80年代にはドイツの覇権をめぐって激しく争った。なお、このカードにおける両チームの最多出場者は、ハンブルクがゼップ・マイヤー(28試合)、バイエルンはマンフレート・カルツ(34試合)となっている。

ブレーメンバイエルン・ミュンヘン(通算103回)

【通算対戦成績】ブレーメン:26勝|引き分け:25|バイエルン・ミュンヘン:52勝

ブンデスリーガを代表する伝統の一戦。今季第2節に迎えた103回目の対戦では、ロベルト・レバンドフスキのドッペルパックでバイエルンが2ー0の勝利を収めている。このカードの最多得点者は元バイエルンの“爆撃機”ことゲルト・ミュラーで、通算18ゴールを撃っている。

ハンブルガーSVシュトゥットガルト(通算102回)

【通算対戦成績】ハンブルガーSV:43勝|引き分け:21|シュトゥットガルト:38勝

シュトゥットガルトのブンデスリーガ復帰によって、伝統クラブ同士の一戦が2シーズンぶりに再開される。このカードで最も多くの勝利を味わっているのはシュトゥットガルトのクリスティアン・ゲントナーだが、ゲントナーは現在負傷中で11月4日の対戦(第11節)には間に合わない見込み。シュトゥットガルトは勝ち方を知り尽くしたキャプテン不在のまま、103回目のハンブルク戦を迎えることになりそうだ。

ハンブルガーSVドルトムント(通算101回)

【通算対戦成績】ハンブルガーSV:36勝|引き分け:28|ドルトムント:37勝

このカードで最も強いインパクトを残しているのは、現在ドルトムントでスポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏だろう。対ハンブルク戦30試合に出場して通算11ゴールをマーク。ドルトムントの選手としてはもちろん最多の数字だ。一方のハンブルクではマンフレート・カルツが通算30試合に出場し、ウベ・ゼーラーと並んでクラブ最多の9ゴールを挙げている。