Summary

  • 近年のブンデスリーガでは若手フランス人選手が台頭
  • デンベレ、コマンがブンデスリーガで大ブレイク
  • 来季は新たに18歳のDFザガドゥがブンデスリーガに参戦

ドルトムントが18歳のフランス人DFダンアクセル・ザガドゥを長期契約で獲得したが、近年のブンデスリーガではフランス人選手の勢力が増している。前所属のパリ・サンジェルマンはこの長身センターバックの移籍を全力で阻止しようとしていたが、ブンデスリーガで活躍している他のフランス人選手たちと肩を並べるチャンスを提供されれば、本人に断ることなどできなかったはずだ。

デンベレの成功

ザガドゥの先輩にあたるドルトムントのウスマン・デンベレは、今年初めに『L'Equipe』紙のインタビューで、「若い選手にとってドイツは最高の場所だ」と話している。「ここには若くて才能溢れる選手たちがたくさんいる。周囲の人たちは彼らを信頼している。僕はドルトムントで満足しているし、自分の選択を後悔したことはない。ブンデスリーガは若いプレーヤーのためのリーグだ」

デンベレは昨夏にレンヌからドルトムントに加入すると、その才能を一気に開花させて世界中のクラブから獲得を熱望される選手となった。ブンデスリーガ32試合に出場して6得点12アシストを記録。欧州チャンピオンズリーグではチームの準々決勝進出に貢献し、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)では決勝で先制点を挙げて優勝の原動力となった。

また、デンベレはフランス代表でも地位を確立。昨年9月にディディエ・デシャン監督に招集されて以降すでに4試合に出場している。19歳のデンベレには明るい前途が待ち受けているだろう。

バイエルンで成長を続けるコマン

同じようなことがキングスレイ・コマンにも言える。コマンはパリ・サンジェルマンとユベントスでリーグ優勝を経験しているが、それは名前が記録に残ったというだけだった。しかし、ブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンでは戦力として優勝に貢献。この2年間で才能にふさわしい信頼と尊敬を集めるようになった。

これまではユベントスからの期限付き移籍だったが、今年4月にバイエルンが買い取りオプションを行使。完全移籍が発表された直後のインタビューでは、「バイエルンでうまくやっている。素晴らしい1年目を送り、2年目は少し複雑だったけれど、クラブは常に僕を応援してくれている。クラブ幹部と話をして確信した。僕を信頼してくれているし、僕もクラブを信じている」と語っている。

今季のブンデスリーガでの先発はわずか10試合。数字は2015/16シーズンの半分に減少した。しかし、まだ20歳であること、クラブと3年契約を結んだことを考慮すると、バイエルンのベテラン勢が引退した後は、長きにわたってブンデスリーガ屈指のウインガーとして活躍することだろう。

コマンはフランスのテレビ局のインタビューでこうも語っている。「僕は若い。プレーすべき時期だと思う。もし、試合に出ることが難しければ移籍を考えるつもりだった。でも、クラブのプロジェクトや僕自身について首脳陣と話し、すべてがはっきりした。僕はバイエルンで満足している」

デンベレとコマンの背中を追う若手DF

ドルトムントに加入したザガドゥはUー18フランス代表のキャプテンを務め、2015年にブルガリアで開催されたUー17欧州選手権ではメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)のママドゥ・ドゥクールらとともに優勝を飾っている。

ザガドゥはすでにマッツ・フメルスと比較されている。アタッカーのデンベレやコマンと比べると、DFは出世街道を楽しむまでに至っていないが、ドルトムントにはフメルスの理想の後継者をいまだに見つけられていないという事実がある。これはザガドゥにとって有利に働くだろう。

同様のことがドゥクールにも言える。今季、ボルシアMGの守備の要を担っていたアンドレアス・クリステンセンがレンタル元のチェルシーに復帰。チームの最終ラインにはぽっかりと穴が空いた。ドゥクールにとってはトップチームでデビューを飾る絶好のチャンスとなる。

2人のフランス人DFを待ち受けているものがどんな未来であろうと、彼らが刺激やモチベーションを失うことはないだろう。デンベレとコマンが証言しているとおり、才能と強い意志、魅力溢れるプレーがあれば、彼らもそう遠くない将来、ブンデスリーガで力を発揮できるはずだ。

将来有望なDFドゥクールはボルシアMGでのトップチームデビューを狙う