Summary

  • 足が速いのはオバメヤンだけじゃない!?
  • 2016/17シーズンのスピードスター、トップ10を紹介

香川真司が所属するドルトムントのエースFWピエールエメリック・オバメヤンが、30m走であればウサイン・ボルトよりも速いのは、有名な話だろう。しかしブンデスリーガには、彼以外にも脚力に自信のある選手が大勢いることを忘れてはならない。

2016/17シーズンのデータを調べると、全選手で最高の走行速度を記録したのは、時速35.27kmのレーバークーゼン所属カリム・ベララビ。そして時速35.16kmで、当時ダルムシュタットに所属していたマーセル・ヘラー(※今季からアウクスブルク所属)が2位に入り、当時メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)所属だったニコ・シュルツ(※今季からホッフェンハイム所属)が35.11kmで3位となるなど、トップ3はすべてドイツ人選手で占められている。

外国籍選手でトップになったのは、インゴルシュタットのオーストラリア代表マシュー・レッキー(※今季からヘルタ・ベルリン所属)だった。同選手は時速35.04kmを記録したが、同ランキング全体ではホッフェンハイムのケビン・フォークトに続く5位となっている。

レッキーの後は外国人プレーヤーが軒並み名を連ね、6位にバイエルン・ミュンヘンのキングスレイ・コマン(時速35.0km)、7位にライプツィヒのベルナルド(時速34.98km)、8位にインゴルシュタットのフローラン・ハデルギョナイ(時速34.97km、今季からハダースフィールド所属)、9位にライプツィヒのオリバー・バーク(今季からウェスト・ブロムウィッチ所属)と、ドイツ人のティモ・ウェアナーが時速34.93kmで並んでいる。

では肝心のオバメヤンはというと、2016/17シーズンは残念ながら最高時速34.64kmで、トップ20に入ることもできなかった。