Summary

・4月16日のブンデスリーガ第29節、ブレーメン対ハンブルクの“北部ダービー”開催

・ブレーメン司令塔、ユヌゾビッチの独占インタビュー

4月16日のブンデスリーガ第29節最終日、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは敵地でブレーメンとの“北部ダービー”に挑む。

ハンブルクは今季後半戦ここまで18クラブ中3番目に獲得勝ち点数が多く、2017年に入り好調を維持しているが、対するブレーメンも直近8試合を6勝2分という成績であり、北ドイツの覇権を争う一戦は好ゲームになること必至だ。

そこで当サイト独語版は、ブレーメンに所属するズラトコ・ユヌゾビッチとの独占インタビューを敢行。“北部ダービー”に向けての意気込み、そして残留争いについて語ってもらった。

――今回のダービーは、互いに好調を維持した状態での激突となります。

ユヌゾビッチ 我々は残留争いから完全に抜け出したわけではありません。まず、その点を忘れてはならないでしょう。勝ち点40にできるだけ早く到達することを目指し、残留を確定させたいですね。もちろんダービーへの期待はチームの中でも高まっています。ブレーメンもハンブルクも、順位表のどこにいるかは関係ありません。ファンにとってダービーの勝利は非常に重要ですし、感情が爆発するゲームとなるでしょうね。もちろんハンブルクが良い試合を続けていることは分かっていますから、簡単なゲームにはならないはずです。ただし、我々はホームで戦えます。そこが我々にとって有利な点ですね。

――今季は第20節を終えて、たった16ポイントしか稼いでいなかったブレーメンが、その後の8試合で20ポイントを獲得しました。この劇的な変化には何か理由があるのでしょうか?

ユヌゾビッチ 指導者陣と選手たちの緻密な共同作業、そして互いに話し合いを多く重ねたことがあげられます。我々の団結心はとても強固なものになりました。しかしその作業は多くの時間を要しますし、「今日やって明日完成する」というものではないんです。非常に長いプロセスがありました。そこに至るまで、もちろん試合に負けることもありましたが、我々は諦めることなく、より細かく共同作業を進めていきました。

――残留争いでは、メンタルの強さ、自分を信じることが大事になってきます。

ユヌゾビッチ 強いメンタル、強い意志、そしてチームのために犠牲になる心を持ち、エゴは捨てなければなりません。これまであまり出場時間がなかった選手も必要とされます。実際に最近の我々は、毎試合ベストメンバーというわけではありませんでしたが、勝利を収めてきました。「チームの全員が必要」という言葉が、我々に勝ち点をもたらしてきたのです。

――すでにブレーメンは勝ち点36。入れ替え戦に回る16位とは7ポイント離れています。さらに言えば、欧州リーグ(EL)に出場可能な6位との差は、たったの5ポイントしかありません。しかし今のブレーメンでは、上の状況を見ることはタブーなのでしょうか?

ユヌゾビッチ ここ8試合は好調をキープしてますが、成功を収めている時こそ、小さなミスというのは起こりうるものです。その点を、とにかく気をつけなければならないでしょう。もちろん我々にはまだまだ成長の余地が十分にあります。しかし我々は全員が、現実主義者にならなければなりません。次の試合のことだけを見据え、先のことを考えるべきではないのです。次の試合は、シーズンのハイライトである“北部ダービー”です。とにかくこの試合に勝利することだけを目指しています。

――あなたはこれまで何度もハンブルクと対戦してきました。一体、何が特別なのでしょうか?

ユヌゾビッチ ダービーではすべてのことが起こりうるんです。私自身もオーストリアで多くのダービーを経験してきましたが、素晴らしい雰囲気がスタジアムを支配し、いつも熱い試合になりました。日曜もきっと立派なファイトが見られるでしょうし、私もそうなることを望んでいます。ただし最も重要なのは、「暴力行為は抜き」という点ですね。