Summary

・ブレーメンは9月18日、スクリプニク監督を解任

・暫定監督を務めたヌーリU-23監督がブレーメンの正式監督に就任

・ヌーリ監督の下、ブレーメンは1勝1分1敗

ブレーメンは10月2日、アレクサンダー・ヌーリ氏が正式に監督に就任したことを発表した。ブレーメンは9月18日、開幕から3連敗を喫してビクトル・スクリプニク監督を解任。同クラブU-23監督を務めていたヌーリ氏が第4節から暫定的に指揮を執り、第5節ウォルフスブルク戦では試合終了間際の劇的決勝ゴールで今季初白星を挙げた。前日にアウェーで行われたダルムシュタット戦は引き分けに終わったものの、チームの状況は上向きとなっている。

フランク・バウマンSDは、「アレクサンダー・ヌーリはこの数週間で素晴らしい仕事を成し遂げてみせた。我々は彼にこの始まったばかり仕事を続けるチャンスを与えるべきだという決断に至った」とコメント。

ヌーリ新監督は、「大きな挑戦になるが、我々はみんなで一緒にこの挑戦を成功させたい」と意気込みを語っている。