Summary

  • フランクフルトのMFステンデラ、チーム離脱
  • 14日の強化試合で左肩を脱臼
  • 遠征中のアメリカから帰国し、詳しい検査へ

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは7月17日 、MFマーク・ステンデラ(21)が肩の負傷により、チームを離脱することを発表した。

フランクフルトは現在、「ブンデスリーガ・ワールドツアー」でアメリカを訪問中。ステンデラは14日に行われたサンノゼ・アースクエークスとの練習試合で左肩を脱臼した。17日に帰国し、専門家による詳しい検査を受ける。 

2012/13シーズンに弱冠17歳でブンデスリーガデビューを果たしたステンデラだが、近年は度重なるけがに悩まされている。十字靭帯の断裂による長期離脱から今年4月末にリーグ戦で復帰を果たしたが、5月中旬に膝関節の疾患により再び離脱。サンノゼ・アースクエークスとの強化試合で長谷部とともに実戦復帰したばかりだった。