Summary

  • シャルケがフランクフルトからDF獲得
  • 左サイドバックのオチプカと3年契約
  • 翌日から始まる中国遠征に同行

内田篤人が所属するシャルケは7月15日、長谷部誠、鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルトからDFバスティアン・オチプカ(28)を獲得したことを発表した。契約は2020年6月末まで。オチプカは16日から始まるシャルケの「ブンデスリーガ・ワールドツアー」で中国に同行する。

ドメニコ・テデスコ監督は「バスティアンは頼りになる左DFで、ブンデスリーガのことを熟知している。彼はサイドバックとして、しっかりと守ることができ、さらに攻撃の面でも相手を危険にさらすことができる」とオチプカの獲得を喜んでいる。

オチプカは「新しい挑戦を楽しみにしています」としながらも、「素晴らしい5年間を過ごせたフランクフルトに感謝している」と話した。

オチプカは2008年にハンザ・ロストックでプロデビュー。これまでザンクト・パウリ、レーバークーゼン、フランクフルトに所属し、ブンデスリーガ175試合、ブンデスリーガ2部では58試合に出場している。昨季はドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)で準優勝を果たした。