Summary

・12月20日、フランクフルトが長谷部、チャンドラーとの契約延長を発表

・長谷部は2018年、チャンドラーは2020年まで

長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは12月20日、同クラブに所属する長谷部との契約を2018年6月30日まで延長したことを発表した。また同時にティモシー・チャンドラーも2020年6月30日まで契約を延長している。

同クラブの代表取締役フレディ・ボビッチ氏は、長谷部に契約延長を申し出た理由について、「マコトは我々のパズルにとって重要なピースです。彼は真のリーダーであり、同時にとても賢い選手、さらにその経験はチームをいつも助けてくれています」と語っている。

来年1月に33歳となる長谷部は2014/15シーズンに、2部へ降格したニュルンベルクからフランクフルトへ移籍。ウォルフスブルク在籍時代も含め、これまでブンデスリーガ通算228試合に出場している。