Summary

・ブンデスリーガ第13節初日、武藤のマインツ対バイエルン

・コルドバのゴールでマインツが先制も、バイエルンに逆転負け

・バイエルンは得失点差でライプツィヒを抜き暫定ながら首位へ返り咲き

12月2日、ブンデスリーガ第13節初日が開催され、武藤嘉紀が所属するマインツは本拠地でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、1ー3で敗れた。武藤はベンチ外となっている。

マインツ 1ー3 バイエルン

前節ヘルタ・ベルリンに逆転負けを喫したマインツだが、立ち上がりからバイエルン相手に力強さを見せる。開始早々の4分、自陣右サイドでアラバからボールを奪ったマリが前線へスルーパスを送ると、寄せてきたマルティネスを吹き飛ばしたコルドバが裏へ抜け出す。そしてペナルティーエリア右からグラウンダーの鋭いシュートをファーサイドに突き刺し、マインツが先制点を奪った。なお、コルドバは昨シーズン第24節に続き、これでバイエルン戦2試合連続ゴールを記録している。

しかしドイツ王者を自認するバイエルンも負けてはいない。先制点を奪われてからわずか4分後、自陣ゴール前でラームがマリからボールを奪うと、ミュラー、ロッベンとつないで高速カウンターを開始。最後はロッベンのパスを受けたレバンドフスキがきっちりと枠内に沈め、1ー1の同点となる。

13分には左サイドからのダイアゴナルパスでミュラーがGKと1対1の場面を迎えたが、シュートはGKレッスルが左足1本でストップ。マインツは絶体絶命のピンチを防いでいる。

ところが21分、リベリがゴール前で右に展開すると、ミュラーの放り込んだセンタリングから、ファーサイドでフリーのロッベンがダイビングヘッド。これが追加点となり、バイエルンが逆転に成功した。

後半に入ると、試合はトーンダウン。バイエルンがボールを保持する展開は変わらないが、プレッシングの強度は低く、パスミスも連発するなど、“らしくない”プレーが散見された。

そんな中、74分にはマインツが右CKを獲得し、ラマーリョがニアサイドでつぶれてこぼれたボールを、交代で入ったオストゥナリがフリーの状態からシュート。しかしこれは枠を捉えることはできなかった。

さらに78分、コルドバがゴール右でキープし、中央へパスを送ると、こちらも交代出場のラッツァがダイレクトで狙ったが、ボールはGKノイアーの正面に飛んでしまい、がっちりとキャッチされている。

しかしロスタイム突入から2分後、バイエルンがゴール左でFKを獲得すると、レバンドフスキがこれをゴール左に沈め追加点。バイエルンが3ー1としたところで90分間の戦いは終了を迎えた。

これでマインツは2試合連続の逆転負けとなり、同時に今シーズン初の連敗を記録。またバイエルンは勝ち点30に到達し、得失点差でライプツィヒを3点上回っているため、暫定ながら首位に返り咲いている。

【得点】

マインツ:コルドバ(4分)

バイエルン:レバンドフスキ(8分、90+2分)、ロッベン(21分)

【ラインナップ】

マインツ(5ー3ー2)
レッスル;ドナティ、バログン、ベル、ハック(62分 オストゥナリ)、ブロジンスキ;フライ(72分 ラッツァ)、ラマーリョ(81分 デブラシス)、マリ;オニシウォ、コルドバ

バイエルン(4ー2ー3ー1)
ノイアー;キミッヒ(77分 ビダル)、マルティネス、フメルス、アラバ;ラーム、ティアゴ;ロッベン、ミュラー(87分 サンチェス)、リベリ(66分 コスタ);レバンドフスキ